FC2ブログ

コミックマーケット98 続報
《妥協倶楽部》
広く通知されている通り、コミックマーケット98は開催中止となりました。

コミックマーケット98の開催中止について

一日でも早く新型コロナ感染症の流行が終息し、多くの創作活動と文化交流の場が
回復することを願うばかりです。

お知らせ | 2020/05/05(火) 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

ポルティコ・カルテット『Paper Scissor Stone』
《大浜サキ》
前回に引き続き、今回もイギリスのポルティコ・カルテットから一曲。
2009年のアルバム『Isla』より、『Paper Scissor Stone』の音源です。

Portico Quartet - Paper Scissor Stone

雑記 | 2020/04/06(月) 23:58 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
どうやら5月のコミケが中止になったようですね。
まあ、そうなるだろうなぁと思ってはいましたが残念です。
経済の指標を見ると、リーマンショック越えの落ち込み幅だそうですね。
うーむ、ワークシェアリングが復活するのだろうか。

さておき、いつものなろう小説紹介です。

転生者は魔法学者!?

前世の知識を持ったまま生まれ変わった主人公、アレクは魔法が普遍的に存在する世界に新たな生を受けた。
彼はこの生まれ落ちた世界、特に魔法に興味を持ち探求する。
その世界の人々が曖昧に感じている世界の法則を、前世の知識からなる物理法則にのっとり魔法を再構築することとなる。
結果的にそれは既存の魔法の常識を覆し、神話の魔法の力を手にすることにつながっていく。
そんな彼が冒険者となり、騎士となり、国の滅びを見届け、新たに国を興すまでの物語。

地球の知識を利用して無双する王道のなろう小説です。
ほかとちょっと違うのは、毎回ではありませんが各話の最後に使用した知識やネタにコメントや解説が入るところです。
安易に知識を使わずしっかり書いていきたいという作者の思いの表れのようでして、ご都合主義では終わらない面白いところです。
面白いので読んでみてください。

雑記 | 2020/04/04(土) 00:15 | コメント(0) | トラックバック(0)

大阪市平野区『塩伊』のおはぎと桜餅と上用饅頭
《森 光年》
日本でも惜しい方がお亡くなりになられたばかりですが、チャールズ皇太子の感染報道には驚きましたね…
さいわい軽症で一週間の隔離期間も無事終了したそうですが、71歳のご高齢ということもあって心配しておりました。

イギリスではジョンソン首相も感染したことが発表され、バッキンガム宮殿のスタッフにも感染者が。
エリザベス女王は郊外のウィンザー城に退避を余儀なくされている状況です。
日本でも急速に感染が広がっていて、対岸の火事ではありませんね…


そんなわけで森光年なんですが、先々週の金曜日は春分の日。春のお彼岸でしたね。
お彼岸となればなんといってもおはぎ!
ということでご近所の和菓子屋さんで買ってまいりました。

200328sio002.jpg

大阪市日平野区『塩伊』。
看板にあるとおり慶応元年創業で、江戸時代には塩問屋だったという老舗です。

200328sio001.jpg

等身大の福助人形がエモーショナル!
子どものころ、この福助が何回か夢に出てきたことがあります。

わが地元のご高齢の方曰く「塩伊は上用やから…」とのこと。
昔は庶民の日常のお菓子ではなく、贈答用やお茶席のお菓子をもっぱらとしていたのでしょうか。
現在では私の小学校の同級生が老舗の暖簾を引き継ぎ、昔ながらのお菓子を作り続けるかたわら、意欲的に新商品を開発しています。

200321oha003.jpg

見るからに美味しげなおはぎ! そしてエリザベス女王の長女、プリンセスロイヤルことアン王女の結婚記念(1973年)のマグとミルクティーです。

おはぎの餡はあくまで上品。
清浄な雪玉を食んだようにみずみずしく口の中で溶けていき、それでいて爽やかな甘みが余韻のように残ります。
これほどの和菓子が近所で気軽に購入できる幸運を噛みしめずにはおられません。

和菓子にミルクティー…と思われるのも無理もありませんが、高脂肪ではない冷たいミルクで淹れる英国式ミルクティーは牛乳の香りがリッチではなく、あくまであっさりとした味わい。
そのためいろんなお菓子に合うのです! と強弁させていただきたい。

200328sio004.jpg

こちらは後日購入した桜餅と上用饅頭。
もうすぐイースター(今年は4月12日!)ということでもないんですが、上用はイースターカラーのイエローでした。

絶妙な塩加減で多層的な香りを引き出された桜の葉と、餅本体の上品な甘みのバランスが絶妙。
口の中に春の風韻が広がります。
上用饅頭は薄皮に山芋が使われますが、主張しすぎず、なおかつしっかりと感じられるその風味がとてもいい。
盤石にして完璧。すばらしい和菓子たちです。

遠出ができないこのご時世、生活必需品の買い物ついでに寄れるところに美味しいお菓子があることがどれほど救いになるか…
みなさまも地元のお店と大切にお付き合いしながら(しかし、なるべく人混みは避けて!)ストレスを軽減しつつお過ごしください。

雑記 | 2020/03/31(火) 19:55 | コメント(0) | トラックバック(0)

ポルティコ・カルテット『Isla』
《大浜サキ》
前回に引き続き、今回もイギリスのポルティコ・カルテットから一曲。
2009年のアルバム『Isla』より、表題曲の音源です。

Portico Quartet - Isla

雑記 | 2020/03/28(土) 23:50 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
コロナが蔓延しておりますが、週末は毎年恒例のスキーに行ってまいります。
まあバスツアーでなく自家用車で向かうので不特定多数の人の中で長時間いるわけではないのでそこは大丈夫、のはず。
というか、中止によくならんかったなあと思う次第。

さておき、こんなもの買いました。

PCエンジン mini

メガドライブminiをこの前買いましたが、今回はPCエンジンです。
ぼくはPCエンジンユーザーだったので、懐かしさもあって購入しました。
RPGの名作でありJRPGの走りとなった『イースI・II』、PCエンジンの中で大作と知られるRPG『天外魔境II 卍MARU』。
恋愛シミュレーションを世に知らしめた『ときめきメモリアル』や、デス・ストランディングで今話題となっている小島監督の出世作『SNATCHER』が僕としては注目株です。

でもまあ、正直に言いますとシューティングゲームの割合が大きく、もうすしRPGやシュミレーション、パズルなどバランスよく入れてほしかったと残念に思います。
また目玉になるゲームはPCエンジンにはまだまだ沢山あるのですがこのハードウェアの魅力を伝えきれていないラインナップだと感じます。
なので第二弾が出るのでしたらぜひCD-ROM2中心のラインナップでよろしくお願いしますw

雑記 | 2020/03/25(水) 22:52 | コメント(0) | トラックバック(0)

ティータイムのお供をご紹介!
《森 光年》
本国でのパレードは惜しくも中止になりましたが、3月17日はアイルランドの守護聖人 聖パトリックの日でございました!
アイルランドの国花であるシャムロック(三つ葉の草の総称)にちなみ、緑をシンボルカラーとする祝祭です。
なので、緑の食器でお茶してまいりました。

200314bot001.jpg

大阪は天満橋のティールーム『ボトルオーブン』にて。

お菓子はオーナーさんが聖パトリックの祝祭に合わせて焼かれたチョコレートウイスキーケーキ!
ウイスキーが芳醇に香る生地とウイスキー漬けレーズンとクルミ。
上に乗っている白いものはブランデーバターのウイスキー版という感じで、シャリシャリした食感を添えてくれます。
強いお酒もたしなむという方には堪らない絶品なのではないでしょうか。
もちろん私も大好きな味でした!

余談ながら、当日はアイルランドの国旗をイメージしたコーディネイトでお祝いの気持ちを表現してみました。
ハッピー セント パトリックス デイ!!

200314sel003f.jpg


そんなわけで森光年なんですが、いよいよもって↑のようにはしゃいではいられない状況になってきましたね…
せめてお家でお茶を楽しめるよう、比較的手に入りやすいお茶のお供をご紹介したいと思います(アフリエイト目当てで意識高い系男子が運営しているブログのような導入)。

200312tea001.jpg

まずはイギリスの大定番、マクビティ(McVitie's)のダイジェスティブです。
ダイジェスティブ・ビスケットとは1839年に二人のスコットランド人医師が開発した消化に良い甘みのあるビスケットの総称です。
これを熱い紅茶に浸して食べるのが名誉ある伝統的な食べ方であります(と、Wikipediaに書いてありました)。

お茶は英国で昔からお茶を宅配してきた紅茶商、リントンズのトラディショナル。
名前のとおり伝統的でやや古臭いタイプの紅茶かもしれませんが、発酵した茶葉の香りが豊かで好きなんですよねぇ。
あ~紅茶飲んでるなぁ…と感じられるいかにもな紅茶が好みの方にお薦めです。
リントンズは近年日本での展開に力を入れていて通販でも購入できます(近ごろは大人気で品薄気味ですが…)。

200312tea003.jpg

もちろん私も名誉ある伝統的な作法にのっとり、常にミルクティーにダンキングしていただいております。
そのまま食べるとちょっと独特の癖があって首をかしげたくなるマクビティのダイジェスティブですが、ミルクティーがしみこむと病みつきになる美味しさ!

はしたないと敬遠される方もおられるでしょうけど、英国人はダンキング大好き!
英国のビスケットにはダンキング前提で作られているようなものも多いので、ぜひ一度お試しください。


お次はショートブレッドが有名なスコットランドのウォーカーのクッキーです。

200315gin001.jpg

エクストリームリー ジンジャーリー クッキー(極度にショウガ的なクッキー)!
その名のとおりジンジャーの刺激が強烈!

200315gin002.jpg

ショウガ好きで好きでたまらないという方にはそのままもお薦めですが、やはりダンキングするのがいいでしょうね。
ミルクティーが染み込むことでジンジャーのパンチが緩和され、なおかつ香りに深みが与えられて絶品になります!

ちなみにイギリスではいわゆるクッキーは「ビスケット」と呼びますが、この商品のようなアメリカ風のモロモロしたタイプは「クッキー」と呼ぶようですね。


これらはいずれも通販で購入できますので、どうぞご家庭でのティータイムの充実にお役立てくださいませ!
思うように外出できないストレスを軽減しつつ、この危難を乗り切りましょう!

雑記 | 2020/03/23(月) 20:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

コミックマーケット98 情報
19夏サークルカット(サムネイル)夏コミ、受かりました。

5月5日(火) 南地区 キ-08a

にてお待ちしております。よろしくお願い致します。

お知らせ | 2020/03/20(金) 23:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

ポルティコ・カルテット『Beyond Dialogue』
《大浜サキ》
前回に引き続き、今回もイギリスのポルティコ・カルテットから一曲。
2017年のアルバム『Art in the Age of Automation』より、『Beyond Dialogue』の音源です。

Portico Quartet - Beyond Dialogue (LEKTRK Progressive Tech Remix)

雑記 | 2020/03/20(金) 23:52 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
今、仕事場の工場では棚卸でぼくが所属している部署に流れている品物の数を数える作業を行っています。
工場は工場でも鉄工所なので鉄網パレットに入った、鉄アレイなんて軽いくらいの重い素材を数えながら持ちあげて別の網パレットに移します。
まあ全員で手分けして数えるのですが、ぼくは重い奴なら計500個くらいは移し替えたでしょうか。
・・・間違いなく明日は筋肉痛です、とほほ。

さておき、コミケですが無事受かりました。

火曜日・南キ08a
妥協倶楽部

新刊はありませんが、どうぞよろしければ遊びに来てください。
そうそう、ここで度々話題にしている友人のフリーライター、華南恋さんのサークル「不完全恋愛依存症」も受かっております。
男性向け凌辱系百合ゲームを製作中で、そのボイスドラマCDを頒布しております。
ちなみに男性向けではありますが、華南恋本人もそうですけどもCGはもちろんスクリプトに至るまですべて女性の手で製作しているそうです。
興味がある方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

雑記 | 2020/03/17(火) 20:55 | コメント(0) | トラックバック(0)
| 最初のページ | 次ページ