FC2ブログ

アバターとか
《大浜サキ》
映画「アバター」が快進撃を続けてますね。
キャメロン監督のファン丸出しな私でもビックリです。
週間興行成績では首位に居座り続け、累積で長年1位だったタイタニックも射程に入ったとか。
超大作でも数週で引きずり落とされる全米ランキングの首位にこれだけ
食い込み続けるってどんだけモンスターなの。

出演はどう見ても華のないサム・ワーシントンとシガニー・ウィーバーなので、
タイタニックの時と違って全くデートムービー向けでは無いのだけど
もはやキャメロン監督の集客力にはそんなの関係ないという事でしょうか。
日本における宮崎駿みたいな。
・・・いやはやまったく規格外な監督さんです。
わざわざ劇場に足を運ばなくても数ヶ月待てばDVDがレンタルできる昨今、
映画館での体験に意味がある3Dというのも後押ししてるのかな?

予告編ではSFやミリタリー色、異星人のビジュアルを押し出していて、
タイタニックで稼ぎに稼いだ監督が手慰みに趣味の映画を
撮り始めたのかな、と思ったものですが(あ、いつも趣味かw)
どっこい一番こだわってるのが脚本みたいですね。
わりと風の谷のナウシカに近い映画だという話も聞いたりするし、
映像だけでお腹いっぱい系ではなさそうなのが視聴欲をうずかせます。

しかし、最近多くの批評家系のひねくれた賞が「アバター」と「ハート・ロッカー」を
双頭に挙げつつも、結果はハートロッカーに軍配を上げているのが面白いです。
しかもハートロッカーの監督は、キャメロン監督の元嫁である
キャスリン・ビグロー・・・なにかの嫌がらせか(笑)
まあ、そんな穿った見方をしなくともハートロッカーは良い映画なんでしょうね。
同監督の「ブルースチール」はめちゃカッコいい映画だったし。

そんなわけで、最近財布が寂しいを通り越してレッドゾーンに突入してる私としては、
もの凄く久しぶりに劇場に足を運ばされる映画になりそうです。
映画館って貧乏人には時間あたりのコストパフォーマンスがキツい場所ですね(泣)

雑記 | 2010/02/01(月) 23:38 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | 最初のページ |