FC2ブログ

エイプリルフールと和菓子のはなし
《森 光年》
ゲーッ! よりにもよってエイプリルフールにブログ更新の順番が回ってくるとは……うっ、うしろにお化けがいるぞ!

というわけで今年もまた、とくに気の効いた嘘を用意することもなく迂闊にもこの日を迎えてしまいました。すみません。
ちなみにこの「うしろにお化けがいるぞ!」というのはドラえもんにおいてエイプリルフールの存在をすっかり忘れていたのび太がジャイアンたちにまんまとだまされ、悔しまぎれにその場の思いつきで放った嘘なんですが(ジャイアンたちには案の定、幼稚な嘘だと嘲笑されるんですが)、考えてみればこのエピソードがその秘密道具が出てくる回の話だったのか記憶が曖昧であることにいま気づきました。
ドラえもんには『ソノウソホント』や『ウソ800(エイトオーオー)』等、エイプリルフールや嘘に関する道具が複数出てきますが、はたしてどの話だったのか。知ってる人がいたら教えてください。


そんなわけで森光年なんですが、ようやく桜の季節がやってまいりましたね。この冬は妙に長いように感じていたので嬉しいかぎりです(とはいえ、暖かくなったり冬に逆戻りしたりと迷走ぎみの早春ですが)。
今年は開花が早かったようで、先々週末の土曜日に妥協倶楽部一同で大阪の新町というところにある厚生年金会館前の公園に出かけたときには、すでに桜がほころび始めていてびっくり。あの土曜は妙に暖かく最高気温20度に達していたりしたので、まさにあの日が幸いにもその公園の桜の開花日だったのかもしれません。

じつはその日、新町へ出かけたのはこのブログで過去に何度かご紹介した『日月餅』という和菓子屋さんの季節限定品である桜餅を食べるためだったのですが、咲いたばかりの桜の下で桜餅を食べる、という嬉しい体験をさせていただきました。まるで瑞々しい季節そのものを食べているようで、美味しさもひとしお。
そもそも私が日月餅さんの和菓子を初めて食べたのは一年前、まさにその桜餅だったんですね。その精緻で繊細な味わいに感動してその後はすっかり日月餅さんのファンになったというわけで、そんな思い入れの深い和菓子と最高の形で再会できて何よりの週末でした。

あらためてご紹介しますと、日月餅さんは大阪の岸和田という下町情緒あふれる界隈で伝統的な泉州和菓子をつくり続けて来た老舗なんですが、新町の支店はそこにモダンな感性を持ち込み、まるでギャラリーのような(実際、アートギャラリーとして使われていたりもします)無機質でスタイリッシュな空間で和菓子を楽しめるという大変おしゃれなお店です。
新町といえば大阪のおしゃれ街・南船場の西隣に位置しているとはいえ繁華街のはずれに位置し、地場の大阪人でもなければあまち立ち入らないエリアではありますが、おしゃれな店や広い公園、アルパカなどの珍しい動物が見られるスポットもありますので、観光客の皆さんにもおすすめです。

そうそう、和菓子といえば先日、大阪中心部のビジネス街・淀屋橋で1642年から営業しているという老舗『高岡福信 (タカオカフクノブ)』さんにも行って来ましたよ。
大企業のオフィスビルが立ち並ぶ淀屋橋の裏通りで老舗和菓子店とは思えぬひなびた佇まいを見せているこのお店、名物はわらび餅、しかも本わらび粉をつかった真っ黒なわらび餅だそうで。最高のわらび餅とも評されるそれを食べてみたかったんですが、あいにく夏季限定。そちらは夏まで待つとして、かわりに酒まんじゅうを食べてきました。

そしたら、この酒まんじゅうが美味しいのなんの! とにかく餡の味わいがどっしりとして奥ぶかいのです。じつは私はつぶあんよりもこしあん派なんですが、この酒まんじゅうのつぶあんには唸るしかありませんでした。あずき本来のの旨み、などという表現はありきたりですが、頭でこんなもんだろうと想像していたそれと実際に体験したそれとはもはや別次元で、あずきに対する認識自体を変革させられずにはいられませんでした。これはぜひ、わらび餅のほうもいただいてみたいと思います。

その高岡福信さんなんですが、大阪の中心部を南北につらぬく主要幹線であるところの地下鉄御堂筋線の淀屋橋から徒歩でおそらく五分強ほど(自転車で行ったので正確なところはわかりませんが)のところにあり、アクセスは便利ですのでこちらは観光客の方でも行きやすいかと思います。
周辺は巨大なオフィス街ですが、歴史のあるエリアなので古い建築も多数あり、私の大好きな渋いカフェ『Mole hosoi coffee』さんをはじめ、良いお店が点在していますし、無料でお茶とおかきを楽しめるカフェ(おかき屋さんがPRのためにやっています)などもあります。そこがすごくにぎわっているあたり、大阪人気質というかなんというか……
また、あまり流行ってない感じですが淀屋橋odonaという商業施設もあってアパレルや飲食店などが入っています。テレビチャンピオンで優勝した経験を持つパティシエさんのお店『ジョエル』もそこの裏手にありますよ。
淀屋橋は現在、目抜き通りのライトアップや各種イベントで観光地として盛り上げて行こうとがんばっている地域ですので、よかったら足をはこんでみてください。

近畿で和菓子といえば大横綱の京都が隣に控えているので、大阪はあくまで日陰の存在ではありますが……ぜひぜひ大阪のほうにも(京都ほどたくさんではないですが)いい店がありますのでよろしくお願いします。
 

雑記 | 2010/04/01(木) 20:57 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | 最初のページ |