FC2ブログ

ホワイトレディは三口で飲め(せっかくの白色が濁るから)なんて最初に言い出したのは誰なんだい……
《森 光年》
大阪梅田にある我が最愛にして今や関西を代表するパティスリーである『ラヴィルリエ』さんが昨年末、三周年&移転オープン&マダム出産という素晴らしき日を一度にむかえたことは以前に書きました。

で、そのときに私がささやかな贈り物(蝋蜜でできた食べても大丈夫な粘土でした。生まれたばかりの男の子がこれで遊べるのはいつのことだろうと思いつつ、飛び込んだ店に手頃なものがこれしかなくて…)をしたことも以前に書いたとおりなんですが、先日同店におじゃました際、なんとお返しをいただいてしまいました!

内祝いののしがついた黄緑色の包から出てきたのは、私のような男性には気恥ずかしいほど可愛らしい柄の素敵なハンドタオル! それもパリの老舗パティスリー、ラデュレの商品!

……って、なんでラデュレ!? いやまあラデュレが菓子とカフェの他に紅茶やらフレングランスやら小物やら展開しているのは存じておりますが、パティスリーの内祝いがほかのパティスリーの商品というのは、なんだか禅問答のような。

これはもしやあれでしょうか?
ラヴィルリエの服部シェフが一度はパティシエへの夢をあきらめながらも、パティスリー界の奇才ピエール・エルメの著書を読んだことで再起し、みごと全国屈指の菓子職人となった話は有名ですが、そのピエール・エルメがかつてラデュレの副社長をつとめていたこともまた有名。

尊敬するピエール・エルメが副社長をつとめたラデュレのハンドタオルを内祝いとすることで初心を忘れまいとする服部シェフの気持ちがそこには込められて……って、なんだその分かりにくいメッセージ! そんなわけあるか!

とにかくすごく嬉しかったです。ちょっとした贈り物のことをちゃんと覚えていてくださって。
世の中にはどんな贈り物をしても恩をあだで返すような人もいるというのに……


そんなわけで森光年なんですが、前回スコッチとトマトジュースのカクテル、バノックバーンですっかり癒されたはずがまだ少し落ち込んだ気分を引きずっていて、そんな私を元気づけるべく先日、妥協倶楽部のメンバーが集結してくれました!

年を経るごとに集まる機会も減ってきた古い馴染みの仲間たちですが、こういうときには何も言わずに駆けつけてくれる。男友達というのはいいものです。

で、ひとまずメンバー連れ立って私の大好きなカフェ、『モールホソイコーヒー』へお邪魔したのはいいのですが、どうやらテレビで紹介されたばかりだったようでひっきりなしの来客。
大人数(といっても四人でしたが)で占拠するわけにも行かず、早々に退散する羽目に。思えばこのときすでに不幸は始まっていたのかもしれません。
 
▼続きを読む

雑記 | 2013/03/02(土) 11:17 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | 最初のページ |