FC2ブログ

アヴェンジャーズ・イン・サイファイ『NAYUTANIZED』
《大浜サキ》
前回に引き続き、日本のアヴェンジャーズ・イン・サイファイから一曲。
2010年のアルバム『avenger strikes back』より、『NAYUTANIZED』のPVです。

avengers in sci-fi - NAYUTANIZED

雑記 | 2020/08/08(土) 23:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
地元大阪は先週末あたりから梅雨明けしましたが、途端に暑くなりました。
今コロナ対策でマスクをしていますが、テレビのニュースでは熱中症対策のために屋外では十分に人と離れた上でマスクを外すよう推奨されていました。
ぼく自身は工場勤めで十分に空調が効いているかと言えばそうでもないので、一昨年購入した水筒が手放せない日が続いています。
みなさんも熱中症に十分注意してくださいね。

さておき、いつものなろう小説紹介です。

ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される

主人公マリーは男爵家に生まれた次女であったが、疎まれていた。
長女でその美しい容姿から引き手あまただったアナスタジアとくらべてみすぼらしく、使用人と見間違うほど。
そんな彼女が、本来アナスタジアが嫁ぐはずだったキュロス・グラナド伯爵の元へ行くことになってしまった。
なぜなら、アナスタジアが馬車でグラナド伯爵へ向かう途中、事故により川に転落し、事故死してしまったからだ。
身代わりなんてとてもじゃないが務まるとは考えていないマリー。
ところが、ちょっとした勘違いから本当はキュロスが望んでいたのはアナスタジアではなくマリーなのであった。
物語は、そこから始まる。

令嬢系物語その2です。
前に紹介した乙女ゲーム系とは別にもう一つ、古典である『灰かぶり姫』つまりシンデレラストーリーをモチーフとした作品群があります。
上記の作品は最近完結した物語でして、よくストーリーが練られていて面白かったので紹介した次第です。
作品の中には直球でシンデレラをなぞった話もあったりして、このジャンルもなかなか面白いですよ。

雑記 | 2020/08/05(水) 23:22 | コメント(0) | トラックバック(0)

ブルックリンロースティングカンパニーのサンドイッチとピザカップケーキ
《森 光年》
現在、大阪は天満橋にかの有名な巨大あひる、ラバー・ダックが来訪しています。

今回のテーマは『漂えど沈まず ラバー・ダック~Fluctuat nec mergitur~』。
パリの市章に書かれているモットーですね。
中之島界隈には頻繁に出没してるイメージでしたが、この場所では11年ぶりなんですねぇ。
当時話題になっていたのを覚えています。当サークルメンバーの風見鳥が見に行っていたような。

梅雨明けとともにうだるような暑さが続いていますから、川面に浮かぶ巨大あひるを眺めるのは涼をとるのに良さそうです。
期間は8月31日(月)まで。
くれぐれもソーシャルディスタンスに配慮のうえご来訪ください!


そんなわけで森光年なんですが、先日、大阪はなんばの『ブルックリンロースティングカンパニー』でお昼を食べてまいりました。

200715brc006.jpg

鉄道高架下の異空間。
いつもその時々で違うジャンルのかっこいい音楽が流れていますが、このときはデヴィッド・ボウイやキングクリムゾン。最高です。

200715brc010.jpg

200715brc015.jpg

自立可能な分厚さのハニーベーコンサンドイッチ!
肉厚なベーコンの塩気と卵焼きからほんのり香るハチミツの甘みがベストマッチ。

200715brc013.jpg

200715brc009.jpg

こちらの青いの、お菓子のようですがじつはピザカップケーキです。
併設されているピザのお店『TOKEN』で見て思わず購入。

青い部分はマッシュポテト、外側は柔らかいピザ生地、中身はトマトソース。
見た目に反して口に入れると完全にピザです。
こういう遊び心、いいですね。

200730brc002.jpg

後日また訪問すると見た目がよりキャッチ―に進化しておりました!
なんば店限定のエスプレッソシェイク(↓の写真はチョコレート味。ヴァニラもあり)も始まっておりますので、みなさまぜひ。

200730brc001.jpg

とはいえ人気店であり、ひところより客足はまた増えていますのでくれぐれも混雑時を避けるようご留意くださいませ。

雑記 | 2020/08/02(日) 12:36 | コメント(0) | トラックバック(0)
| 最初のページ |