FC2ブログ

市川崑監督 追悼
《大浜サキ》
二月十三日の未明に市川崑監督がお亡くなりになったと聞きました。
ショックです・・・。

市川監督と言えば「ビルマの竪琴」や「細雪」が有名ですが、
世間では微妙な扱いの「天河伝説殺人事件」や「四十七人の刺客」も好きでした。
特に「天河~」のオープニングタイトルの鮮やかな演出には
当時小学生だった自分にも「カッコいい!」とはっきり思えるほどの
インパクトがありました。
エヴァの極太明朝体の元ネタになった金田一シリーズもそうですが、
黒い背景にパキっとした抜きを放つあたりは、さあ映画が始まるぞという感じで
ワクワクしたものです。
また、リアリティとは違う意味での鮮血の描写も美しかった。
真っ白な雪や障子の上に舞い散る赤は、今でも記憶に焼きついています。
古参の監督の中で、鮮やかな「画」を撮ることにかけては右に出る者は
なかったのではないでしょうか。

それに実写だけでなく、「銀河鉄道999」で編集作業の陣頭指揮を執ったり、
マンガ家とのコラボで紙人形劇を作ったり、アニメーションにもゆかりのある監督でしたね。
もともとアニメ界出身だし。
超現実的なまでにメリハリのある色彩のフィルムを残せたのは、そんな所にも
理由があったのかもしれません。

ああ、しかし・・・、
黒澤・小林・木下らと結成した「四騎の会」のメンバーの最後の
一人が失われてしまいました。
これで30年代を代表する監督がいなくなってしまったと思うと寂しいです。

数々の作品に思いをはせつつ、謹んでご冥福をお祈りします。


追伸
2/18(月)にBS2で21時より「細雪」を放送するそうです。
未見の方はぜひ。

雑記 | 2008/02/15(金) 23:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 時代劇の話題に終始した      ぱちゅコン! >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/113-ede1a87b
| 最初のページ |