FC2ブログ

日々雑感
《風見鳥 渡》
昨日の大阪は10月にもかかわらず夏日で暑かったですが、今日は少しだけ肌寒い一日でした。
どうも風見鳥です。

先週の日曜に夏コミが始まったころから話題になっていたシン・ゴジラを見に行きました。
いやぁ映画館へ行く事が滅多にないので入場するのに戸惑ってしまいました。
ネットで席を予約できる映画館でしたが、まあ慣れない事はしないでおこうとぶっつけで行ってきましたわw
結果的にはスクリーンを視界内に納められる映画館の中心付近の席が取れたので結果オーライでした。

映画の感想ですが、結論から言えば面白かったですわ。
邦画の特撮映画としてはハイレベルで近年に無い完成度だと思います。
ただ、映画全体としては残念な部分も散見されていて、ハリウッドには敵わないなぁという印象です。

残念な部分としては重要な登場人物が気がついたら死んでいたり、説明不足で理解が追いつかず雰囲気で視聴していた部分があったりしました。
また、ゴジラとの最終決戦でもハリウッドなら事前に詳細な作戦を明かし、その上で想定外のトラブルを起こし、気持ちのいい解決方法でもって視聴者にカタルシスを与えるとは思います。
しかし、事前に作戦説明もなく、起こったトラブルも想定内で対処されてすんなり作戦が成功したあたり、ぼく的には物足りなさを感じました。

とはいえ特撮ファンである庵野監督の脚本は、ゴジラのテーマである放射能を踏まえた上で現代の日本を映し出す巧みな脚本で関心させられました。
それがゆえに政治色の強い独特な怪獣映画になったと思います。
さすがはリアルウルトラマンといえるエヴァンゲリオンを作った庵野監督です。

シン・ゴジラは福島原発で起こった事故のオマージュが入っていますので、もし見に行かれる方はそれを頭の片隅に置いて見るといいかもしれません。

雑記 | 2016/10/09(日) 23:52 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< ロンドン・グラマー『Maybe』      トム・フォード監督作品『Nocturnal Animals』のプロモーションビデオが公開 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/1287-ec108831
| 最初のページ |