FC2ブログ

オルフェウスと眼鏡、そしてアクセス障害
《森 光年》
少し前ですが、ペルソナ4の情報が発表されましたね。今から楽しみです。
前作であるペルソナ3では、ペルソナ(まあ、スタンドみたいなものです)を引き出すために拳銃のようなもので自分の頭を打ち抜く設定が印象的でしたが、あれは臨死体験でペルソナに目覚めた一作目へのオマージュなのでしょうか。

そういえば、3の主人公の最初のペルソナであるオルフェウスにしてからが、亡くなった妻を連れ戻すために冥界へと降りる(=臨死体験をする)神話上の詩人でした。これは日本神話のイザナギと共通するモチーフですが、女神転生シリーズの第一作目(というか、その元になった小説の女神転生)の主人公はイザナギの生まれ変わりという設定でしたっけ。
ちなみにオルフェウスは妻を連れ帰ることに失敗し、失意のうちに狂乱した女たちに八つ裂きにされて殺されます。ペルソナ3のオルフェウスが登場して早々に八つ裂きにされ、中からタナトスが出てくるのはこのことに由来しているのではないでしょうか。

八つ裂きにされたオルフェウスの首を抱える女性、というモチーフは象徴主義の画家たちに人気があったというのはよく知られた話ですが(ギュスターヴ・モローの作品とかが有名ですよね)それよりずっと以前のバロック期の絵画に同じモチーフが描かれているのを美術館で見て意外に思った記憶があります。
調べてみたら、同じく画家に人気のある『ヨハネの首を抱いたファム・ファタール(運命の女)』のモチーフはルネサンスぐらいから盛んに描かれているようなので、八つ裂きにされたオルフェウスも同じころから描かれているんだと思います。恥ずかしながら知りませんでした。しかし、画家ってなぜそんなに生首好きなのか。

さて、長々と脱線してしまいましたが、ようするにペルソナ3では拳銃が印象的な小道具だったと。そして、ペルソナ4ではなんと眼鏡! どういう理屈なのかは知りませんが、自動生成ダンジョンに潜る際、主人公らは眼鏡をかけないといけないようなのです!
なんという素敵な設定でしょう。すでに公開(雑誌の付録としてですが)されているPVでは、美男美女の主人公らが眼鏡のフレームを押し上げたりレンズを光らせたりと傍若無人なふるまい! こんなゲームが発売された日には、われわれ眼鏡好きは即死してしまう!


というわけで、興奮ぎみの森光年なんですが、ここまで書いて一旦保存したところ、記事を下書きに設定するのを忘れるというミスを犯してしまい、あわてて修正しようとしたらアクセス障害で管理ページに飛べなくなっていました。
なんでしょうこの絶妙のタイミング。新手の嫌がらせか!? とういうか、新手のスタンド攻撃か!?
というわけで、見苦しい書きかけの記事を二時間ほどにわたって晒すはめになってしまいました。つつしんでおわび申し上げます。

さておき、先日ボークスからマブラヴの新しいトレーディング・フィギュアが発売になりまして。
知人のありがたい助力のおかげで無事、綾峰だけを手に入れることが出来たので(T村さん、本当にありがとうございました)そのへんのことも書こうかと思っていたのですが、予想外に長くなってしまったので、これにて。
 

雑記 | 2008/03/30(日) 13:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< エイプリルフールに関するお詫びとお知らせ      UHFがぁー >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/129-294a1f79
| 最初のページ |