FC2ブログ

「ダンディ」…それしか言う言葉がみつからない…
《森 光年》
前回の記事でも触れましたテオドーのお茶、またも『トリントンティールーム』で飲んでまいりました。

もうメニューにあるテオドーを全種類制覇するまで通いつめる勢いですね。
オーナーさんもテオドーには思い入れがあるようで、テオドーに魅せられた同士テオドートークが弾みます。

今回いただいたのは「サン・コンプレックス」。シトロンメレンゲタルトのフレーバーという面白い紅茶です。
シトロン(レモン)とタルトがフランス語なのにメレンゲがムラングでないのは妙ですよね。整合性よりも分かりやすさを優先したのでしょうかテオドーの日本法人さん。

シトロンの酸味が主体なのかと想像していたのですが、予想をはるかに上回るムラングタルトぶり。
バニラのような香りといいタルト生地のような香ばしさといい、本当にお菓子を食べている、いや飲んでいるかのような不思議な感覚でした。
そしてやはり圧倒的に美味しい! カップの持ち手にかけた指が離れようとしません。

9月にはフランス菓子の定番であるリンゴのお菓子タルト・タタンのフレーバーのルイボスティも入荷するそうで、そちらも想像がつかなくて楽しみですね。


そんなわけで森光年なんですが、先日、靭公園のなじみのショコラトリー『レ・プティット・パピヨット』を訪れまして。
するとお店の前に、ただならぬ存在感を放つ一台の車が。

現在の自動車とはまるで異なる流麗なライン。おそらく半世紀は前のものでしょうか、クラシックなメルセデスです。
ミッドナイトブルーの車体もバンパーやホイールのメッキも新車のように輝いて、その優雅なシルエットと相まって息を呑むような美しさ。
通りすがりに思わずフロントからリアまで眺めまわしてしまいましたがそのメルセデス、エンジンがかかっていているのに発車する気配がない。

不思議に思い運転席を見ると、ダンディな老紳士の後姿。
ゆっくりとその手があがり、ミラー越しにこちらに二本指のダンディな敬礼をして颯爽と走り去っていきました。ダンディすぎる!

私が存分にそのメルセデスの美しさを堪能するまで、車を出さずに待っていてくださったんでしょうかねえ。
その日は私も暑いのに無理をしてリネンのドレスシャツにリネンのハンチング帽、英国老舗アルバートサーストンのサスペンダーというクラシカルな紳士のようないでたちでしたから、同好の士と思っていただけたのでしょうか。
だとしたらこの上ない名誉です。

あとでわかったことですが、その紳士はお孫さんを乗せてよくメルセデスでやって来るお客さんだそうで。
私も昔、よく祖父に駄菓子屋やお好み焼き屋に連れて行ってもらった楽しい思い出がありますが、それがクラシックカーでショコラトリーとは…ダンディにもほどがあります。

しかし、今にして思うと当日の大阪はお盆が過ぎたとは思えないほどの蒸し暑さ。
靭公園周辺は比較的涼しいエリアとはいえ、そんな中をあの年代の車が当たり前のように走っていたなんて驚異的ですね。
幌を閉めたオープンカーでしたから冷房をつけていたでしょうし、古いエンジンならエンストしてもおかしくないでしょうに。

新品同様の車体といい、オーナーさんはよほど手をかけてらっしゃるんでしょうね。
心から羨ましい年齢の重ね方です。

そんな美麗なメルセデスにも会えるかもしれないショコラトリー『レ・プティット・パピヨット』。おすすめです!
とってつけたようになってしまいましたが、ほんと近ごろケーキやチョコレートドリンクの美味しさにますます磨きがかかっていまして。
お客さんがひっきりなしで大繁盛の様子ですが、いま行ってほしいお店ですねえ。

ただ、接客担当の奥様がおそらく昨日か今日あたり二人目のお子さんを出産予定でして。しばらくはお店のほうもバタバタするかもしれませんねえ。
いつも厨房で暴れまわっているやんちゃきわまりない小さな看板娘ちゃんに弟ができるということで、おめでたい!
少しはお姉さんらしく落ち着いてくれるのではと期待しておりますが、まあやんちゃなままならそれはそれでいいですね。

雑記 | 2017/08/27(日) 22:18 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      ゼッド『Clarity』 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/1395-dbce4716
| 最初のページ |