FC2ブログ

大韓民国
《風見鳥渡》
日記を書くのを遅れてしまったのですが理由がありまして、実はここ数日韓国に行っておりました。海外旅行は今回で二度目。一度目はバリ島。水かそれとも食べ物が合わないせいだったのか、お腹を壊し涙目になったバリ島旅行の教訓を生かし、出来るだけ生水や生ものを食べないようにした今回の旅行。無事五体満足で帰ってこれました。あぁ疲れた・・・。
一日目は首都ソウルにあるホテルに泊まり、夕食会で「乱打」を見ました。「乱打」とは、太鼓のような打楽器などを使った韓国伝統音楽「サムノリ」をベースに作られた音楽パフォーマンスで、4人のシェフが、夕方6時までに披露宴のコース料理を作るというストーリーラインで進むコントのような感じ。日本でいうならドリフターズのに近いでしょうか。どんな感じかは以下参照。


途中婿役と嫁役に会場のお客さんが選ばれたりして、会場を沸かせておりました。いやぁ、楽しめましたよ。
二日目は慶州(韓国語読みでキョンジュ)。日本でいう所の京都のような場所で、歴史的な建造物が多く残されている土地で、仏教が盛んだった所でした。なので、主に見てまわったのはお寺。そのお寺は山にあり、バスですぐそこまでいけるといっても、建物が斜面に点在しているため歩くのがしんどかったです。あと異様に子供が多いかった。修学旅行や遠足で来ているのだとか。逆に大人はあまり来ていなさそうなのが印象的でした。仮にも国を代表する建築物の一つであり韓国にはまだ仏教徒もいるはずですが、栄枯必衰というやつでしょうか。や、ぶっちゃけへんぴな所にあるので、ここまで足を運ぶのが億劫なだけかもw
その後、釜山(韓国語読みでプサン)へ移動し、公園にある釜山タワーに上りました。
景色はこんな感じ
慶州


中々の絶景でした。関係ないですがここ釜山はコンテナ貨物が行き交う世界でも指折りの港町なのですが、ロシアのマフィアが横行していて、日本と同じような銃規制をしている韓国でも数多くの銃撃事件が起こるとか。おおこわっ。
そんなこんなで、あとはフェリーに乗り込み、帰国の途につきました。見回った所が観光客向けの所のせいか、あまり日本と変わらないような感じでした。日本人も良く来るので、日本語が通じるところもあるし、不便を感じなかったせいもあるかもしれません。でもやっぱり外国は緊張します。なんだかんだ言って、治安は日本の方がいいのですから。旅行中、一緒になったバスガイドさんは、日本人;1と韓国人;4のクウォーターで、日本語ペラペラだった彼女も日本の方が住みやすいと言っておりました(たしか日本に留学経験アリって言ってたかな)。そのバスガイドさんは言っておりました「日本に生まれたことを心から感謝してください」・・・何気ない風に言ってはいましたが、今現在世界で唯一の分断国家であり、北朝鮮の脅威にさらされている国に住む彼女の言葉の重みは日本人の言うそれとはまるで違った。自分は日本に生まれて幸福だったのだな、と思わずにはいられない、そんな言葉でした。
ある意味、日本の良さを感じるための旅でありました、はい。

雑記 | 2008/04/27(日) 23:14 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< BATMAN:GOTHAM KNIGHT      星空めておさんと『Forest』について >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/140-a5c074c4
| 最初のページ |