FC2ブログ

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
この間の光利の日記で「メガネのKENT」へぼくも同行して大きな買い物をしたと書かれていたと思いますが、購入した物はこれです。

「ジェームスインスの傘・楽天市場」
https://item.rakuten.co.jp/auc-braceofkentshman/u011/

創業1805年、イギリスで現存する最も古い傘メーカーのものです。
実は、さすがと言うべきか光利が先にこのメーカーさんに目をつけ昨年末に傘を購入していました。
ぼく自身は「メガネのKENT」へはマフラーの購入を考えて来店したわけです。
それで、話を聞くとお店にいくつか通販で出している傘をお店に置いてあるそうで、せっかくだから見せてもらうことに。
・・・ええそうです、買ってしまいましたよ、ちくしょーw

ぼくが購入した傘は光利が購入したものと違うもので、持ち手だけではなくシャフトの部分まで木製でして、映画「キングスマン」で使われた傘の仕込み銃(?)もシャフトが木製の物でありました。
光利は「シャフトが木製のものもあったのか!」と悔しがっておりましたよ。
ぼくは初め傘を買う気がなかったもので下調べをせずお店を訪れたわけですが、それがかえって良かったようで、木製の傘を見つけることができました。
これぞビギナーズラックというやつですw

いやぁ、初めてシャフトが木製の傘を手に取りましたが、金属製とくらべると温かみがあり上品な感じです。
また金属製のものよりも直径が太くドッシリとしていて頼りになりそうな印象を受けます。
もっとも骨組みは普通に金属製なので、風が強い日に持ち出して折ってしまわないよう気をつけないといけません、台風なんてもってのほかw

それとちょっと無粋な話ではありますが、シャフトの部分まで木製、それもブランド物の傘で持ち手から一本の木で作られたものとなると普通なら軽く5万以上します。
そこへいくとこのジェームスインスの傘は持ち手とシャフトが別々の木で作られているというのもあって、1万と7千円ほど。
イギリスの歴史あるメーカーの木製傘がこの価格帯で手に入ることは今の日本ではそうそう無い事でしょう。

そうはいっても高い買い物であることに違いはありません、もう完全に趣味の世界ですねw
ぼくは光利の影響を受けて紳士の服を買い揃えています。
この傘は、その服に花を添えてくれることでしょう、雨の日限定ではありますけどね。

雑記 | 2018/02/17(土) 21:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< マリアン・ヒル『Wasted』      ご近所の新鋭カフェ『だるま珈琲』 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/1455-9a5e8090
| 最初のページ |