FC2ブログ

DVDの使い勝手
《大浜サキ》
明日から7月ですね。
恒例のごとく新番組をチェックしてみるのですが、今年の夏は
忙しいのもあってアニメを見る数が少なくなりそうです。
気になるのは、ゆうきまさみ原作・赤根和樹監督の
鉄腕バーディー DECODE」くらいかな?

ところで、映像好きの私はアニメや映画で気に入ったものは
録画して残しておくのですが、DVDレコーダーも併用するようになってから
そろそろ1年になります。
でも、DVDのメディアってなかなか曲者で、扱いを間違えるとすぐ機嫌を損ねる
難しい子だったりするです。
使い始めてから得た教訓↓

・買うときは原産国が日本と書かれてるものを選ぶ
・-Rは使わない。-RWか-RAMに録画
・ディスクの容量は常に10%くらい残す(外側の部分はすぐ劣化するので)
・光を絶対に避け、冷暗所に保管する。
・VHSと同等の画質で保存しようとして、テープより場所を取っても泣かない

こういう風に気をつけないと、最悪なら半年でディスクが読めなくなって
しまことがあるんですね。
それでも良くもって5年。もし10年もてば奇跡に近いんだとか。
(工場でプレスされるセルソフトは、仕組みが違うので長くもつそうです)

しかしなんていうか・・・VHSに比べて使いにくいっ!
VHSなんて20年前のを引っ張り出してきても余裕で再生できちゃうもんね。
カビ生えるけど。
ブルーレイもじわじわ売れ始めてるようですが、耐用年数はDVDと
そんなに変わらないそうなので移行がためらわれます。
しまいには、マニアの間で光ディスク不要論が出るのが現状らしいし。
(体積や費用対効果で考えて、パソコンのHDDが一番だそうな)
保存性・画質では、D-VHSを今でも使ってる一部の猛者が勝ち組という話も・・・。
とりあえず、個人的にはディスクの容量は今のままでいいので、
耐用年数が10倍くらいに伸びて欲しいです。

と文句を並べつつ、BS2で再放送が始まった「巌窟王」を、今日もDVDに
収める私でありました。
(GONZO作品の中では話が練り込んであって、数少ないオススメです)


関係ないけど、この記事を書いてる時にデジャヴに襲われて、
思わず「あっ前もここ通った! ルート確定じゃん」と思ったAVG脳の自分。
デジャヴがすると、BAD ENDルートを通ってる気がしてならない・・・。

雑記 | 2008/06/30(月) 23:52 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< リアライズがコミカライズ      あらら >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/164-3d922fb8
| 最初のページ |