FC2ブログ

祝! 天満橋『ボトルオーブン』2周年!
《森 光年》
今週の月曜、11月5日はガイ・フォークス・デイでした!

17世紀、弾圧されていた英国のカトリック教徒が企図した上院議場爆破が未遂に終わったことを祝福する伝統行事。
盛大に花火をあげ、実行犯のひとりガイ・フォークスを模した人形を市中引き廻しのうえ火刑に処すというなかなかにブラックなお祭りです。

そのガイ・フォークスを象った仮面は現在ではアノニマスと呼ばれ、体制への反逆の象徴として用いられております。
下の画像はハロウィンシーズンにガイ・フォークスの仮面を買い忘れていたため、急遽フリー素材で作った雑コラです。

191103zid002g2.jpg

そのガイ・フォーク・デイによく食べられるのがこの『パーキン』という名のお菓子です。

191105guy003.jpg

大阪は天満橋のティールーム『ボトルオーブン』で購入し、11月5日の夜にいただきました。
英国特有の黒蜜、ブラックトリークルとジンジャーを用いたオーツ麦のケーキ。
複雑な香りがねっとりとした生地につつまれて喉を滑りおりていく。濃い目のミルクティーと相性抜群です!

こうして日本ではマイナーな英国の伝統行事のお菓子を作ってくれるティールームが行動圏内にあることが心からありがたいですね。
そんなボトルオーブンが先日、2周年を迎えました! おめでとうございます!


そんなわけで森光年なんですが、阪急英国フェアのレポートは一旦お休みして、今回はボトルオーブン訪問の様子をお送りします。

191103bot001.jpg

時節柄エシカルでサステイナブルな包装ですが、黄色いバラを持ってお祝いに。

お店のイメージにあうかなと選んだこの色、親切な花屋さんが「花言葉は『嫉妬』ですがよろしいですか?」と心配してくださいましたがそのまま購入することに。
こんなに可愛いのに花言葉で損してるなんて、なんだか不憫ですね…

191103bot003.jpg

お店の外にもお祝いの花。
昨年は一周年ということで盛大な宴が行われましたが、今年はひっそりと通常営業でした。
こんなささやかな周年もいいものです。

191103bot006.jpg

いつものようにクリームティー(スコーンとジャムとクロテッドクリームと紅茶のセット)を。
お茶はオーナーさんが今年の初夏の英国研修で購入してきた、老舗百貨店ハーヴェイ・ニコルズのジンジャーチョコレート。
ルイボスベースですがミルクとよく合う! ジンジャーがしっかり利いてて美味しいのです。
数量限定ですのでショウガ好きの方はお急ぎを!

191103bot011.jpg

もちろん、ジャムを先に塗るいつものコーンウォール式で。
先日、SNSにコーンウォール式のクリームティーの写真をアップしたところ、本場コーンウォールの人から「ジャム・ファースト・パーフェクション」なるものに認定されたこの私。
そのパーフェクションがなんなのかはよくわかりませんが、コーンウォール式の普及に邁進せざるをえませんね!

191103bot002.jpg

さっそく飾ってくださいました。
「バーレイのキャリコとよく合いますねー!」と喜んでくださった様子。嬉しいです。

英国大好きなオーナーさんがいて、素敵な器と美味しいお茶とお菓子。
こんなティールームと出会えて幸せです。
これからも末永くよろしくおねがいします。

雑記 | 2019/11/07(木) 20:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      ウッドキッド『I Love You』 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/1673-161e911e
| 最初のページ |