FC2ブログ

男四匹、『8b DOLCE』でロールケーキを食べてきました
《森 光年》
唐突ですがみなさま、『堂島ロール』なるものをご存知でしょうか?
大阪の『モンシュシュ』という洋菓子店が作っているロールケーキなんですが、中心部のクリームの量が多すぎて、ロールケーキなのにスポンジが一周しか出来ない(渦巻状にならない)という、ふだん甘いものを食べ慣れない私のような人間からするとかなり衝撃的なルックスのお菓子であります(→こんな感じ)。

この堂島ロール、影の大阪名物といっていいくらい有名&大人気で、なかなか手に入る代物ではなく、私も周囲の人間も誰も食べたことがありません(こう書くと実在すらあやしい伝説の食べ物のようですね)。
で、その人気にあやかろうと類似品も幾つか出現しているわけですが、そんな堂島ロール風ロールケーキを販売している店のひとつが堀江のおしゃれ街にあると、しかも持ち帰りだけでなく店内でお茶しながら一切れだけで食べることもできると聞きつけ、われわれ妥協倶楽部一同、連れ立って出かけてまいりました。

そんなわけで、そのレポートをわたくし森光年がお送りするわけなんですが、なんでまた男四人でロールケーキなのかといえば、ようするに夏コミの打ち上げでして。せっかくだから何か、ふだん食べないようなものを食べたほうがイベントっぽくていいよな、しかも堀江のおしゃれ街のおしゃれ店なんてそうそう行く機会がないし物珍しくて最高じゃないか、という按配で、一種の度胸試しだったのかもしれません。

そんなこんなで行ってきたのが『8b DOLCE』というお店。おしゃれ街の裏通りにひっそりとたたずむ店舗の一階ではロールケーキの製造・販売(テイクアウト)がおこなわれ、二階と三階で喫茶できるようになっておりました。
内装は華美ではないもののシンプルにしておしゃれ(ちょっとミッドセンチュリー風?)、客層は当然のことながらカップルと女性客ばかりという店内でしたが、われわれはひるむことなく勇気を絞りロールケーキ(一切れにアイスが添えられたもの)と紅茶を注文。ちなみにあわせて1200円ほど。こういう機会でもなければ甘いものに対してなかなか1000円超の金額は出せません、男性としては。

ちなみにこの店では、伝票の代わりに番号を割り振られたプレイモービル(ドイツ生まれのレゴブロックみたいなやつ…という説明はプレモ好きの私としてはしたくないのですが、他の表現が難しい。とにかくこういうやつです)が使われています。こじゃれた演出であります。で、われわれのテーブルに置かれたのが『4』という不吉な番号をふられた狼のプレイモービル(→こんなん)。
やんわりとした精神攻撃です。帰れという無言のメッセージでしょうか(考えすぎです)。他のテーブルには笑顔の人間のプレイモービルが置かれているのに……

さておき、ほどなく紅茶とロールケーキが到着。結論から言うと、私が注文したロイヤルミルクティーも含めたいへん美味しかったです。もし機会があればまた食べに行きたい。
私はどちらかといえばコーヒー党で、紅茶や甘いものには普段あまり縁のない人間ですから、新鮮さが加味されてより美味しく感じたというのもあるかもしれませんが、とにかく満足でした。

「甘さが控えめ」「スポンジが伊達巻っぽい」という下馬評を事前に聞いていたんですが、まったくそのとおりで。むしろ、私にとってはそれらがプラス要素でした。スポンジに関しては、卵の風味が残っていてしっとりしているので伊達巻っぽく感じるのだと思います。
甘さのほうは確かに控えめでしたが、甘いものをあまり食べない私のような人間には充分(ないしは十二分)ではないかと。一切れの厚さもけっこうありましたし。
ただ、お菓子好きの妥協倶楽部メンバーの一人は、この甘さならまるまる一本は食えると勇ましい発言をしておりました。節分の行事か。

そんなわけで、みなさまも機会があれば是非。
 

雑記 | 2008/08/29(金) 20:02 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< こちら、郵政省特別配達課!      ダダンダンダダン >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/188-8407be87
| 最初のページ |