FC2ブログ

ドーン・オブ・ザ・デッド
《大浜サキ》
ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ('78)」のリメイク、
「ドーン・オブ・ザ・デッド」が木曜洋画劇場でやってたので見ました。

ゾンビ映画はそんなに数を見てないけど、今までの中では
かなり面白くて、テンション上がりました。
走るゾンビが出てくる映画と言えば「28日後...」があったけど、
今回のゾンビはマヌケじゃなかった。
テンポが速いのと、スプラッタ色よりサバイバル色優先のつくりが良かったです。
ショッピングモールにこもって防戦、というシチュエーションが
いいですね。登場人物のぶつかり合いや、知恵を出し合って
生き延びようとする姿が見ごたえあります。

特に、離れた建物の人とホワイトボードでコミュニケーションするとこが
楽しかった。最初は情報交換だけだったのに、しまいにはチェスを始めたりとか。
階下では大量のゾンビがわーわー言ってんのに。
ああいう恐怖が麻痺したユーモラスな演出がいいなあ。

それに、ゾンビが内蔵食べたりとか、ウギャーやめてー、って
言いたくなるようなシーンが少ないのもグロ嫌いとしては助かった。(笑)
妊婦のお腹がボコボコ波打つシーンではさすがに目が泳いだけど。
でも、グロシーンは細かくカットされてたみたいですね。
R-15指定の映画をよくゴールデンで放送しようと思ったなあ・・・。
カットと言えばカイルクーパー作のオープニングがかなり編集されてたみたいで、
これがけっこう残念。

あと、ゲームのデッドライジングってこの映画の影響を受けてたんですね。
モールの玄関とか照明とかコーヒーショップの雰囲気が
そのまんまで、笑えるくらいの再現度です。
映像を見たことあるだけなんだけど、ストーリーも似てるのかな?
ゲームがやってみたくなりました。

雑記 | 2008/10/26(日) 23:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 未完漫画の話とか      雑記ですよー >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/208-857ad6cb
| 最初のページ |