FC2ブログ

不具合に関するお詫び、あるいはキングギドラとトム・ヨーク
《森 光年》
三回連続このネタですみません。
今度はキングギドラが飾ってあったんです。ええ、ポール・スミスにギドラが。真ん中の首が機械になってるギドラのソフビが。
これはもう店員さん、あきらかに確信犯的じゃないですか。誰かがつっこんでくれるのを虎視眈々と待ってるんでしょうか? 関西人だからって何でもつっこむと思うなよ!

……と言いつつ、こうしてブログのネタにしている時点で負けたも同然の森光年です。
今後もポール・スミスなんばシティ店の動向から目が離せませんね。
みなさんも情報があればお寄せください。


さておき、ごめんなさい。
『墜落天使』の体験版、テキストの表示速度を変える機能がまともに動作していませんでした。
先夜、なかなか寝つけなかったので『Nscripterオフィシャルガイド~だれでもかんたん!ノベルゲームのつくりかた~』を、ぼうっと眺めていたんですが。そのとき不意に、己の恥ずかしいミスに気がつきまして。もう、情けないやら申し訳ないやら。
あわてて修正したので、完成版では大丈夫です。ごめんなさいでした。そして頑張って完成させます。いつも応援ありがとうございます。


さて、これだけで終わってしまっては味気ないので、ちょっとした小ネタを。
↓こういうのを見つけました。
The Strangest Music Videos Of All Time (grūpthink より)

みんなでストレンジなミュージック・クリップを持ち寄って史上最強を決めようぜ、ということのようです。
わたし内部の『どうしようもないミュージック・クリップ・チャート』で、さんぜんとワースト1に輝き続ける問題作、『Apache』が30位に留まっているあたり、このランキングのレベルの高さを感じさせますね。
●参考
Tommy Seebach 『Apache』のミュージック・クリップ
↑人生の4分34秒間を確実に空費してもかまわない、という猛者の方だけクリックしてください。本気でダメなミュージック・クリップをご覧いただけます。

っていうか、このランキングにおけるストレンジの基準がよくわからない。ビューティフル・ピープルがアパッチより奇妙だなんて、そんな。だいたい、上位の作品群は奇妙というより不気味と表現すべきだと思います。呪いのビデオか。なんか、テクノのミュージック・クリップってこんなのが多いですよね。偏見かもしれないけれど。

あと、このランキングには姿が見えませんが、奇妙ということであればレディオヘッドのあれは外せないんじゃないかと思います。
これです↓

Radiohead - No Surprises

トム・ヨーク危機一髪!


なぜトム・ヨークが水責めにされているのか、私のような素人には分かりかねます。そして窮地を脱したあとは、さしものヨークさんも半笑いです。
これにはなにか深い意味があるのでしょうか……誰かオルタナティブ・ロックに詳しい方、ぜひ教えてください。
 
 

制作日記 | 2007/05/30(水) 20:00 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 散策      紅の豚、もとい >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/21-d4d4e0ea
| 最初のページ |