FC2ブログ

C76サークルカット & アカデミー賞
《大浜サキ》
素で更新する日を一日勘違いしておりました(汗)、大浜です。
今週はオスカーダブル受賞とかマザーボードが壊れた(また・・・また・・っ!)とか
エントリに書くことを迷っちゃいますが、
まずは申込み期間が終わった次のコミケのサークルカットをペタリ。

09夏コミサークルカット
実は落ちてしまったC75の使い回しだったりするのだけど
ここに紹介するのを忘れていたので貼っておきます。
露出度高めでいやん。


さてさて、日本の作品がアカデミー賞を受賞したのは素直にめでたいですね。しかも二つも。
外国語映画賞を受賞した「おくりびと」は滝田洋二郎監督だとか。
正直「陰陽師」の時にもう枯れたかと思ってましたすいません。
納棺師のお仕事を描いた映画ということで、神妙な感じかと思ってたんですけど
実は笑いを取りに行く映画なんだそうです。やっぱユーモアが得意な人なのかな。
そういや日本の一般的娯楽映画が海外で賞取るのってなにげに凄い事のような気が。
短編アニメ部門を受賞した「つみきのいえ」は作者・作品ともに
初耳だけど、水没していく街と老人の生、というモチーフが面白そう。
短編がノミネートされるのは02年の「頭山」以来ですね。

他のオスカーでは、
「ダークナイト」のジョーカー役で助演男優賞に輝いたヒース・レジャーに乾杯!
ていうかあの演技で受賞しなかったらウソだろと。
見ているこっちの倫理感が揺るがされるような戦慄のキャラ。映画の中の台風の目。
ベテラン陣を向こうに回して一歩も引かない、ねっとりとした演技でした。
正義感に燃えるも、とんでもない事になるデント検事ことアーロン・エッカートも
熱演してましたが、こちらはノミネートすらされず残念。
あと、作品・監督・脚色賞ほか8冠も取った「スラムドッグ$ミリオネア」が気になります。
ダニー・ボイル監督というとトレインスポッティングで脚光浴びて
ザ・ビーチで沈んで28日後でまた浮いて、という印象ですね。
今回もニヒルなカメラワークと、ブラック・ユーモアのきつめな展開は健在なのかな?
インドのスラムとクイズ番組、とか毎回題材が変わってるな~。

制作日記 | 2009/02/27(金) 21:39 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< ナンバーナインのどっちのNに()が付いていたか時々忘れる      日々雑感 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/258-19129741
| 最初のページ |