FC2ブログ

日本橋ストリートフェスタ2009
《妥協倶楽部》
風見鳥 渡に急用ができたため、彼のブログ更新に代わりまして、3月20日の祝日に行われました日本橋ストリートフェスタの簡単なリポートなどお届けしたいと思います。

さて、行ってまいりましたストリートフェスタ。西の電気街・日本橋を盛り上げようと始められたこの催しもすでに5回目になるのですね。回を重ねるごとに盛況さを増し、すばらしいイベントに成長していると思います。
秋葉原の大通りには及ぶべくもないですが、それでも南北500メートルほどにわたって続く4車線道路を歩行者天国として開放し、コスプレイヤーを含む大勢の人たちが練り歩くなか、あちらこちらに設けられたブースでさまざまなイベントが行われるさまは壮観の一言。年に一度とはいわず、二度三度と開催して欲しいものですが、そうなると運営のみなさんが大変でしょうから贅沢は言えませんね。

今回、日本橋のイメージキャラクターをいとうのいぢ先生にデザインしてもらったということで、そのグッズも売られていたわけですが、なんと当日はのいぢ先生ご本人も来ておられました。
日本橋の電気街の最南端、恵比須町のあたりに設けられたステージの上で、ポンバシ向ことお笑いコンビ天津の向さん(天津のエロ詩吟じゃないほう)がラジオかなにかの公開収録をしていたのですが、たまたま通りがかったところ、なんとゲストがのいぢ先生。あまりの人ごみでステージ上を伺うことは困難をきわめましたが、可愛い人でした。

さて、ストリートフェスタの華といえば、なんといってもコスプレイヤーの皆さんなわけですが、ボーカロイドやマクロスFがやや多かったようにも思いましたが、みなさんほんとうに創意工夫を凝らした多種多様ないでたちで、関西人スピリット(もちろん関西のコスプレイヤーさんばかりと限りませんが)を感じました。うまい棒や、20世紀少年版の太陽の塔(ともだちの塔でしたっけ?)のコスプレをした人までいましたよ。
印象的といえばすべてが印象的だったのですが、たとえばなつかしのロボットアニメ飛影(すごくハイクオリティ)とかスティールボールランのジャイロ・ツェペリ、蟲師のギンコの人等。そうそう武装錬金のパピオンを完璧に再現してる人もいて蝶かっこよかったです。
あと、ベア子(水木しげる先生創作による妖怪バックベアードの娘、という設定でウェブ上の某所で創作された萌えキャラ)のコスプレをした人がいたのも可愛くて印象的でした。ロリコンを叱るベアードパパのプラカードを持って。

そんなこんなで大盛り上がりのイベントで来年も非常に楽しみなわけなんですが、ただ、大阪でもいまだに知っている人だけが知っている感じなのは少し残念です。まあ、これ以上来客数が増えると電気街のキャパをオーバーしかねないので、現状でちょうど良いぐらいなのかもしれませんが。
 

雑記 | 2009/03/22(日) 16:05 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日本橋フェスタ      せめてNUMBER (N)INEの靴下(2500円ぐらいする)でも買っておこうかと思ったりもする >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/267-fa2b6818
| 最初のページ |