FC2ブログ

日々雑感
《風見鳥渡》

どうも、前回の日記をすっ飛ばした風見鳥です。実は一ヶ月ほど前から調子を崩していた祖母が亡くなりまして、葬儀でバタバタしておりました。
亡くなった祖母はぼくの父の母方の方で、約十五年ほど前、祖父が亡くなった折にぼくら家族が住む大阪へやってきました。
ぼくから見た祖母の印象は物静かで穏やかな人柄でしたが、第二次世界大戦のさい、降ってくる爆弾から逃げまくったという逸話があったり、再婚して(一人目の夫は病気で亡くなった)連れ子を含めた六人(いや五人だったかな? この辺あいまい)の子供を育て上げたパワフルな人だったとも聞きました。軽く聞きかじっただけでも波乱に満ちた生涯だったことが判る人生のようでした。ううーん、お決まりの文句ですが、もう少し祖母の話を聞いておいたほうがよかったなぁと思う今日この頃です。

それにしても、大阪市営の火葬場が、ぼくが住んでいる町の近所にあり、しかもかなり大きかったのには驚きました。軽く見積もっても100メートルに渡ってズラッと火葬炉が並び、全部で30機ほどあったでしょうか。幼少の頃、一度火葬場に行った事があり、かすかな記憶ではありますが、田舎の火葬場で古びた炉が一機だけの哀愁漂う施設の感じでした。それがまあ、台車に棺を載せた後、全自動で炉に送り込まれて火葬が始まる様はなるほど都会の火葬場だなぁと妙に納得してしました。

雑記 | 2009/03/31(火) 00:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< うしろにお化けがいるぞ!      ジル・サンダーがユニクロと契約! >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/270-c5fbf416
| 最初のページ |