FC2ブログ

7月アニメを先取り
《大浜サキ》
ヱヴァ破の公開で掲示版等が騒然としてるのを横目に見つつ・・・

そろそろ7月なので夏アニメのチェックでもしようかな、
MOON PHASEさんとこを覗いたら、オリジナル作品が
東京マグニチュード8.0」とNHK教育の「エレメントハンター」しか
無いことに気がつきました。ちょっと残念。
今さらな気もするけど、原作モノ多いなあ。
最近は多くのアニメ作家達が、オリジナルを企画するよりも
原作付きアニメに自分のやりたい事を盛り込む事で
現状を凌いでいる気がします。

というわけで、原作付きでも作家性の強そうな作品をピックアップ。

化物語

破天荒なキャラと言葉遊びが得意な西尾維新の原作を、
これまた癖のあるシャフトの新房監督がアニメ化。
どちらも個性の強い作家さんなので、独特なアニメに仕立てて来そうです。
ぽよよんろっくこと渡辺明夫がこの監督と組むのは
ソウルテイカー(&小麦ちゃん)以来ですね。
このタッグはホラー系作品の色彩でこそ映える!と勝手に期待してます。
OPにボーカロイドの人気曲で知られるsupercellを持ってきているのも
常にネットを意識しているシャフトらしい試みです。

うみものがたり
原案は10年続いた人気パチンコなのだそう。そのキャラ達を
借りてきて、「ARIA」シリーズなどの佐藤順一監督が再構築。
最近の同監督作は癒し系の雰囲気を漂わせたまったり路線が
多かったけど、これもその方向になるのでしょうか。

CANAAN
Wiiで評判だったサウンドノベル「428」のおまけシナリオを
独立させた作品。TYPE-MOON原案のTVアニメは久しぶりですね。
「ストレンヂア」は見てないので、監督の安藤真裕の実力は分からないけど
劇場アニメでデビューした監督さんがTVアニメにも参加する流れは
「喰霊-零-」を思い出します。
あれくらい突っ走ってくれると嬉しいなあ。
ゲームの方は音楽に今をときめく佐藤直紀を起用していてすげー、と
思っていたところ、アニメはアニメで芸達者な七瀬光を投入。
壮大な曲を聴かせてくれそうです。


関係ないけど、今期のシリーズものでは
「懺・さよなら絶望先生」と「狼と香辛料II」が安定して
楽しめそう、と思ってたら「狼」の公式に何か違和感。
・・・目がでかくなってる?
と思ったらキャラデザイナーやスタジオが交代してたんですね。
あとは脚本から音楽から色彩設計までぞろぞろと監督が連れて
きてるので、安心して見れそうです。

雑記 | 2009/06/29(月) 23:55 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 三枚でかっ!? あるいはアレキサンダー・マックイーンについて      日々雑感 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/308-1faf90c7
| 最初のページ |