FC2ブログ

日、で始まるタイトルの記事が連続しておりますが
《森 光年》
あずにゃん、といえば私の場合、けいおんではなく『クロスゲーム』(小学館による紹介ページ)の東雄平なわけですが、たまたまテレビをつけたら放映されていた第一話を見て以来、毎週楽しみにアニメ版を視聴しております。

やっぱり、あだち充は上手いですね。タッチ直撃世代としては、しみじみとそう思います。『クロスゲーム』では最初のほうで主人公の幼なじみの女の子が小学生のころに事故死してしまい、以降はその数年後が描かれるわけですが、死んだ女の子の存在が登場人物たちの心に影を落としている描写がじつに巧みなんですね。淡々として重すぎず、それでいて心に刺さるというか。
人の死を安易にもちいて感動を誘うような技法は、仮にも作り手のはしくれとして重々いましめるべきものと心得ておりますが、あだち先生のそれはお家芸というか(タッチのあの展開は当時ほんとにびっくりましたよ)、さすがにベテランの重みがあります。

で、あずにゃんこと東雄平は高校野球界屈指の実力を持つバッターであり、主人公のライバル的存在(?)の無愛想なクール野郎なんですが、その萌キャラぶりときたら只事ではありません。
なんといっても半目です、半目。じつは私、男女を問わず半分寝てるみたいな目のキャラに弱いのです。そう、ガチャピンみたいな。いや、でもそういえばガチャピンには萌えない。たれ目だからでしょうか。あと、みなみけの三女も半目だけどとくに萌えません。みなみけはトウマとアツコが鉄板です。
ともかく、アニメのほうでは先週から主人公とひとつ屋根の下で暮らし始めたり、なんでうちの学校に残ったんだと訊く主人公に「おまえがいるからに決まってるだろうが」とか躊躇なく言ってしまったりと萌え路線を突き進む『クロスゲーム』のあずにゃんから今後も目が離せません。作品自体も面白いですし、アニメの出来も良いと思います。


そんなわけで森光年なんですが、最近はYouTubeでカニエ・ウエストが昨年の夏にリリースしたアルバムの曲ばかり聴いています。
音楽ファンの方からすれば今更すぎるかもしれませんが、カニエの動向などまったく気にしていなかった私は、アルバムを出していたことさえ最近まで知りませんでした。
ともかく、これがじつに名曲ぞろいで。まずはミニマルな構成と力強いドラムが印象的なこちらの曲からご覧いただきたい。

Kanye West - Love Lockdown(YouTube)

これ以上きみを愛してしまうと暴走しそうだ、というような比較的どうでもいい内容を延々と唄っている歌詞なんですが、ひそかに昂ぶってゆく感情を祖先であるアフリカのプリミティブな人々になぞらえたPVなわけですね。最後のほうに出てくるボディペインティングの人たちは大地母神なんだと思います。
アフロ・アメリカンのミュージシャンにとってアフリカ回帰は永遠のテーマなわけですが(そして、それが永遠のテーマであること自体、黒人奴隷制度が人類史の最大の汚点のひとつであり、最悪の愚行であったことの証なのですが)、カニエがそれをこういうモダンな感じのPVでやるのが良いですね。

こちらもまた、アフリカ回帰をテーマにした楽曲でしょうか。いったん曲が終わったように見せてラップパートが(カニエじゃない人がやってる上手なラップが)始まるのが素敵。

Kanye West - Amazing(YouTube)

こちらはカートゥーン風に加工されたPVがおしゃれな一曲。Tペインの曲かと見まがうばかりのエフェクトかけまくりな歌声と映像がマッチしてますね。

Kanye West - Heartless(YouTube)

いやはや、もしかしたら私はカニエ・ウエストという男を侮っていたかもしれません。正直、プロデューサーとしての手腕はともかくアーティストとしてはラップがいまいちでどうもねぇ、とか、比較的裕福な育ちの(しかもどちらかといえばオタク気質の)美大出身の彼がヒップホップってのもどうかねぇ、とか思っていました。すいません。
唄こそそんな上手くもないですが、この楽曲の完成度。胸に迫る深い叙情は、アルバムリリースの前年にカニエが母親を亡くしたことが関係しているのでしょうか。
いまさら私ごときが言うまでもないことですが、カニエ・ウエストはアーティストとしても超一流でありました。さすがは現代の音楽界を牽引する最重要人物の一人です。

ちなみに、これらの曲が収められているアルバムが妙に安くて、日本版でも定価が2000円を切ってるらしいです。これは買わねば。
 

雑記 | 2009/07/28(火) 21:53 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感・・・と若干のお知らせ      日食 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/318-a26ff2e1
| 最初のページ |