FC2ブログ

拾い物予告編
《大浜サキ》
コミケ遠征組の方々、今年もおつかれさまでした。
冷夏で昨年より気温はましだったとはいえ、
東方ブースの列の長蛇ぶりは凄まじかったとか、
徹夜組だけでも一万人を超えてたとか、
その壮絶さは自宅に居てもなお伝わってくる程でした。
入場者も年々増えて、年齢層も広がっていってるみたいですね。


全然関係ないんですが、今週ちょっといい予告編(英語)を
拾ったのでご紹介。

アリス・イン・ワンダーランド
ティム・バートン版不思議の国のアリス。
帽子屋はジョニー・デップが演じてます。またおまえかw
かつてティム・バートンといえば健康的メルヘンに対する
代表的カウンターとして見なされていたのに、
ディズニーの配給下でダークな世界観のアリスを撮る事になるとはな~。
時代は変わるもんです。
とりあえず美術面だけでも見ててクラクラ。
(→米公式サイト)

District 9
宇宙から来た巨大UFOというと、ID4みたいな侵略者を連想するけれど
この映画の宇宙人は難民という珍しい設定です。
舞台も南アフリカの収容所とくると、あからさまに異文化の共存の難しさを
暗喩した映画になっていそう。(時期的にも)
批評家筋では「今年最も知的なSF」との触れ込みで
全く先の読めない野心作になってるそうで、めっちゃ面白そうです。
監督は映画版HALO(頓挫)を撮るはずだった人みたい。
(→米公式サイト)

どちらも日本では公式サイトも出来てないような段階だけど、
早くも楽しみな新作がわらわら湧いてきて嬉しい限りです。

雑記 | 2009/08/20(木) 23:32 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 愛知県豊橋市のうずらの親子とユニクロ「 +J 」      日々雑感<コミケ編> >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/332-995e6c80
| 最初のページ |