FC2ブログ

日々雑感
《風見鳥 渡》
以前から飲もう飲もうと思いつつ買いそびれていた「ペプシしそ」を先日買って飲みました、どうも風見鶏です。残念ながら「しそ姫」には会えませんでしたが、そんなに売れないだろうに3列ほども陳列されていた「ペプシしそ」を手にとってレジへいきました。やぁまだ売ってたんですねぇ。飲んでみると、最初にしその香りと風味が広がり、後味はいつものペプシでした。飲める飲み物にまとまってますね。しその香りはキツくなく、ほどよいところで抑えられていますね。まぁそんなになんども飲みたいとは思いませんがw

てなわけで、「うみねこのなく頃に散 episode5」をクリアしました。以後おもっきりネタバレなので、読みたい人だけ進んだってください。
いやいや、今度も面白かったですよ! 今回のシナリオで物語りはついに折り返し地点にたどり着いた感じです。
一応「うみねこ」を知らない人のために説明すると、「うみねこのなく頃に」は、特定の「時間」を繰り返すことになった、六軒島という不可思議な孤島の洋館で、毎度巻き起こる連続殺人事件に主人公である右代宮 戦人(うしろみや ばとら)が挑む物語です。
対するは、事件の犯人とうそぶき、繰り返す悪夢を作り出したる人物、右代宮の顧問錬金術師と名乗る「魔女」ベアトリーチェ。
この物語は、「魔法の存在」を否定する戦人と、「魔法の存在」を認めさせようとするベアトの戦いです。
戦人は、殺人は「魔女」ではなくすべて人間の仕業、トリックで説明できると主張し、ベアトもまた「魔法でなければ不可能」という密室殺人を作り出しては戦人を屈服させようとします。

さて、この物語は選択肢はありませんがサウンドノベル「ゲーム」です。ゲームのプレイヤーはベアトが起こす(ように見える)殺人事件を、すべて「人間説」で矛盾なく説明し、真犯人を探し出せばプレイヤーの勝ちで、出来なければベアトが作り出した魔女幻想に屈服するということになります。
ちなみにこの物語の主人公である戦人は、幾度となく魔女幻想に破れ、犯人にたどり着けないままEP3までもがくことになります。EP4を経て今作のEP5では、戦人は真実にたどり着きますが、当然というかプレイヤーには明かされません。
ゲーム的には物語が進むにつれて、新事実が明らかになっていき、また特殊なルールが追加されていき物語の紐の解き方が分かっていく仕様になっています。

さて、前置きが長くなりましたが、今回のストーリー部分の感想などをざっくりいきます。
今回初登場となった、ベアトの魔女幻想を殺すために「世界」から隔絶された六軒島に送り込まれた「探偵」古戸 エリカ(ふるえど えりか)が大活躍します。そんでこの「探偵」めっちゃ性格悪いw 自分のことを「知的強姦者」だといい、殺人が起こった現場を眉毛一つ動かさないどころか笑みを浮かべながら眺め推理を楽しみ、人の心を無慈悲に暴き、決め付け、そして自分が構築した推理で犯人を追い詰めるのに愉悦を感じるという、ある意味ミステリー作家の主人公達にケンカを売っているキャラクターです。
まあ、このキャラが本当に真犯人を見つけ出してくれればいいのですが・・・。
いやぁ、こういう当て馬的なキャラクターは推理物ではお約束ですが、エリカの性格が悪い分、カタルシスが通常の二割り増しなのがいい感じです。次回のEP6で、明確に敵として登場するようで、どうなるのか今から楽しみです。いや、話の流れ的に彼女の視点で物語が進むかもしれませんねぇ。

あとストーリー的には王道を地で行っていたように感じました。そして戦人がまさかの「○○○」化。またさらに深まる謎。ベアトリーチェの真の望み、戦人の生い立ち、復讐のために現れたという、ゲーム中には電話越しの声だけで一切姿を見せなかった謎の人物が本当に実在するのか。
新キャラクターもエリカだけではなく幻想側で新たに3人のキャラクターが追加され、18人の登場人物で行われていたはずの殺人事件が、気がつくと総勢30人以上のキャラが登場するゲームになりました。いやぁ、これはEP1しか遊んでいない人にはきっと想像できないことでしょうw
そういや、煉獄の七姉妹が他のキャラが沢山出たのと、今回のミステリーの関係で割を食って影が薄かったんで、次回は活躍するといいなぁ。むむ、おかしい、初登場時は残酷で不気味なキャラの印象だったのに、EP4を経て印象がかわってしまったなw
ふむ、次どんなキャラが出てくるか楽しみなんだけど、予想だと「ヴァン・ダインの二十則」を引っさげたキャラが登場しそうですねぇ。さて、次の話はどうなることやら。

雑記 | 2009/09/11(金) 01:22 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 月がとっても青いから      なんばパークスに乱痴気ができています >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/340-d56cb84c
| 最初のページ |