FC2ブログ

ヴァーチャル・シンクロニシティ
《森 光年》
ふたつ前の記事で風見鳥も書いておりましたとおり、今週日曜には妥協倶楽部メンバーの結婚式がありまして、二次会の司会進行を私がつとめることになっているんですが、不覚にも風邪をひいてしまいました。
とはいえ、ひき始めたのは月曜で現在はほぼ回復しているのですが、体力温存をはかって今回の記事は省電力モードといいますか、じゃっかん手抜きで行かさせてもらいます。すみません。


さて、そんなわけで森光年なんですが、前回の記事ではマドンナの名曲『Vogue』とセンチメンタルグラフティの伝説のOPの関係性について考察したわけなんですけども、あれをアップした直後、近所のスーパーへ行ったらまさしくヴォーグ(をアンビエント風にした電子音楽)が店内に流れていて衝撃を受けました。世界中で一斉に最強死刑囚が脱獄し始めるほどのシンクロニシティ!

そういえば以前にも、前述しました結婚式二次会に使うBGMの選定についてあれこれ迷いながらくだんのスーパーで買い物をしておりまして、やっぱりジャミロクワイあたりがよかろうか……と思っているとジャミロクワイの大ヒット曲『Virtual Insanity』が流れてきてびっくり。
Jamiroquai - Virtual Insanity MV (YouTube)
(ヴァーチャル・インサニティの動画はYouTubeで大量に見つかったのですが、ことごとく埋め込みが無効に設定されていたのでお手数ですがリンク先に飛んでください)


まあ、そのスーパーはいつも洋楽の名曲のアンビエントをローテーションで流しているので、そういう偶然があってもなんら不思議はないのですが。
ボウイ様のスターマンとか、大好きな曲が流れることもあって思わずにやにやしてしまいます。

David Bowie- Starman

 

また、アースウインド&ファイアのレッツ・グルーヴが流れることもあって別の意味でにやにやします。このPVを思い出して。

Let's Groove - Earth wind and fire -


前にもこのブログでこの曲のPVを貼ったことがあるような気がしますが、こればかりは何度くりかえし見ても完璧です。おもしろ映像すぎます。
不可思議な映像エフェクトと、ごきげんきわまりない各人のムーブ、それらすべてを包み込むようなボーカルのモーリス・ホワイト氏(現在は闘病のため脱退)のおおらかすぎる笑顔(と奇妙なアフロ)。有無を言わさぬポジティブさに満ち溢れ、全シーンに渡って底知れぬ笑いがこみあげてくるんですが、たぶん作ってる本人らは大真面目という奇跡のPVです。
『Let's Groove』というドライブ感のある曲名も調子に乗っていて良いですよね。なにより、曲自体は文句なしに名曲なのもポイント高いです。
 

雑記 | 2009/11/21(土) 12:47 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      「TO」がTVでやるらしい >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/367-47080d45
| 最初のページ |