FC2ブログ

日々雑感
《風見鳥 渡》
剛力の結婚式が無事終わりました。どうも風見鳥です。親しい友人の結婚式をいくつか出席する経験をしましたが、いままで洋式ばかりだったものが今回初めて和式の結婚式を見ました。剛力は紋付袴がよく似合ってましたねぇ、嫁さんも華がありました。
結婚式場はホテルですが、そこに挙式専用の神殿があり、そこで執り行われました(実際に執り行われた施設はこちら)。いや~しかしコンクリートの建物の中に神殿がある風景はまさに近未来を思わせる風景です。ちなみに洋式のための教会もホテル内で丸々建物が入ったような形でありました。しかも神殿がある部屋のすぐ隣w このカオスっぷりはさすが日本といったところですね~。
そうそう、さらっと調べてみたのですが、一般的に和式と呼ばれる神前式って意外と歴史が浅くて驚きました。
ウィキによると、ルーツは1900年に行われた「皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が初めて宮中賢所大前で行われたことがきっかけ」だそうで、皇室と同じような結婚式を行いたいと考えた国民のニーズに答える形で神前式が行われるようになったとか。
あと初めて知ったのですが、仏前式、つまり仏教による結婚式があることを始めて知りました。神前式が普及し始める8年ほど前から行われたそうですが、普及しなかったそうな。
それじゃあそれ以前の挙式はどうしていたのかといえば、基本的に自宅で行うことが多かったそうです。神殿で行う神前式もなくはなかったそうですが、ごく少数だったとか。
いやぁ、調べてみないとわからないことって、ありますよねぇ。

おっと、なんだか話しが少し逸れてしまいましたが、今回ぼくは挙式の受付を頼まれていたわけですけども、新郎側の受付でぼくの他にもう一人座ることになったのが、「妥協倶楽部」の初期メンバーの一人であった天薙神牙刀(あまなぎかがと)でした。いやいや、こうして会ったの実に数年ぶり。
ご存知ない方に説明しますと、彼はぼくが同人活動を始めるきっかけになった人物で、絵と文章をそつなくこなし、当時同人業界で大きな勢力を誇っていた葉鍵系でサークル参加して、彼と一緒にイベント会場へ行っていました。ちなみにこの当時は「妥協倶楽部」の影も形もありませんw
ちなみに、この時に現在も付き合いのあるTRPG仲間と知り合ったわけなんですが、その切っ掛けを作ったのも彼のおかげでした。
しかし、趣向が葉鍵系から離れ、妥協倶楽部との関わりも無くなってしまったことからぼくとの接点が無くなってしまい、連絡も取らなくなってすっかり会わなくなっていたんですけどね~。
でも縁は完全には切れていなかったようで、こうして再会する運びに。
お久しぶりっと、以前と変わらない調子で挨拶出来たところを見ると、お互いあんまり変わってないな、なんて思ってみたり。ああ、でもぼくを初め見たとき他人がいるものだと勘違いしたそうで、とりあえずぼくの見た目は変わっているようだw
しかしまぁ、出来れば二次会でも会って話しでもしたかったのですが(妥協のメンバーが幹事として来るし)、そこまで出る体力がないということで、彼は辞退してしまいました。披露宴で出されたお酒で酔いつぶれてましたしねぇ。いや残念です。

んで、二次会ですが、こちらも予定より若干の遅れが出たり小さなトラブルはあったものの、大きな問題もなく終わりました。ぼくはつり銭を預かったり店の案内を書いた白い紙をダンボールにはっつけた看板を持ってたりしたぐらいで大きな活躍はしてないけれどもw
そうそう、ビンゴゲームで大浜さんがNハリウッドの景品を当ててました。ぼくも当たったんですが、残念ながらチョコレートでした。
ちなみに二次会が終わったあと、森光年が目ざとく見つけ出した安藤忠雄がデザインしたという建築物に収まっているカフェでコーヒーを飲みました。ここに来るのは二回目でしたが、あいかわらず雰囲気のいいカフェで味も良くコーヒーが入れられたカップも洒落たデザインでいい感じです。
そのカフェの正確な場所は忘れてしまいました。今度あらためて教えてもらおうか、うん。

雑記 | 2009/11/24(火) 23:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 結婚式二次会      ヴァーチャル・シンクロニシティ >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/368-00ecca7b
| 最初のページ |