FC2ブログ

桜・稲垣早希さんを見た!
《森 光年》
このブログで幾度か話題にしている私の地元のマニアックなパン屋さん『Appleの発音』なんですが、先日早朝に行ってみたら店主の男性(ふかわりょうをスイートにした感じの草食系ハンサム)が胸に『思春期』と書かれたTシャツを着ていて(なんというか、松本大洋の漫画の登場人物が着ている感じの)ただでさえお店も店主もサブカルっぽい存在なのにそんな姿がいっそうサブカルっぽくて朝からテンションが上がりました。
ちなみにそのときは黒胡椒が練りこんであるもっちりした生地にチョコレートが入っているパンを購入。あいかわらず奇抜な組み合わせで、しかも完成度が高く驚かされます。お値段90円も嬉しいところ。
本日のタルトも買いましたが、こちらも少し温めるとほっこりした独特の食感が強調され、幸せな美味しさでした。


そんなわけで森光年なんですが、ひとつ前の大浜の記事にもありますとおり日本橋ストリートフェスタへ行ってまいりました。
それはもう、筆舌に尽くしがたいほど楽しかったのですが、しかしその日は夕方より、以前から応援してきたインディーズのプロレス団体『紫焔』の旗揚げ興行があり、私は3時前には日本橋の電気街を離れなければならなかったのです。
ところが、大浜も書いておりましたが2時45分から始まるラジオの公開録音にはあの! 桜・稲垣早希さんがゲスト参加することになっていたのですね。これはもうひと目お姿を拝みたいと私は公開録音の行われるメインステージにぎりぎりまで張りついていたんですが、公開録音の直前に行われていた地上デジタル放送の普及イベント(地デジカのきぐるみが舞台に上がってクイズ大会)が予想外に長引いて、けっきょく稲垣早希さんの登場を待たずして時間切れに……
これというのもすべてあの地上デジタル放送が、そして地デジカが悪いのです! 当日はアナログマのコスプレの人も歩いていたようなので、ぜひ舞台上に乱入して憎き地デジカめのアンテナ状の角をへしおってやって欲しかった……!

ともあれ、そんなわけでその日はプロレスを楽しんで帰途に着いたわけなんですが、その翌日、日本橋を通りかかったところ、夢か幻かアスカのコスプレをした稲垣早希さんが電気街に!
ハンディカメラを持ったカメラマンが二人とスタッフ数名を引き連れていたので、なにかローカルな番組の撮影だったのだと思いますが(道ゆく人にインタビューとかしてました)、いやはやまさか、こんな嬉しい偶然があろうとは。それにしても可愛かったです、稲垣早希さん。ご通行中の大阪のおばちゃんが「いや~早希ちゃんや~! かわいい~めっちゃかわい~!」などと言いながらずんずん近づいていったりしてました。


さて、肝心のストリートフェスタのほうなんですが、前回の記事で大事なことはすべて大浜が言い尽くしていますが(バヨネッタのコスプレの人がいかにエロかったか、とか)、個人的には『聖☆おにいさん』の作者の長期連載作品『荒川アンダーザブリッジ』(そういえばアニメ化されるんですね)の村長こと自称:河童のコスプレの人に目を惹かれました。ちゃんと首のところから肌色がのぞいていて背中のチャックも見えているという再現度の高さ。となりにはニノさんとマリアもいましたよ。
あとは身長2メートル以上あるワンピースのバーソロミュー・くまのコスプレとか、『空中ブランコ』の伊良部(当然、原作の太った中年男でなくアニメのほう)の三形態を忠実に再現したコスプレなど、ハイクオリティさに驚かされました。
舞台上のイベントやパレードも盛り上がっていて、ほんとうにストリートフェスタは年々すごいお祭りになってきています。規模や集客数を考えても、もはや大阪を代表するイベントのひとつといっても良いのではないでしょうか。
支援打ち切り等、乗り越えなければならない問題は多々あるかと思いますが、来年も是非この素晴らしいイベントを実現していただきたいと心から願います。



↑ステージ上のイベントでは、こちらの『唯×実』という二人組がかっこよかったです。
名前のとおりBLがコンセプトのユニットだそうで。
 

雑記 | 2010/03/24(水) 20:43 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      第6回日本橋ストリートフェスタ >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/413-2137b2af
| 最初のページ |