FC2ブログ

ハリウッド版ゴジラふたたび
《大浜サキ》
またもやハリウッドでゴジラ映画の新作が企画されてるようです。
な、なんだってー。

レジェンダリー・ピクチャーズがハリウッド版の「ゴジラ」を再び製作へ、公開は2012年を予定

米でゴジラが3D映画になるという噂は去年の夏くらいからあって
ホンマかいなと眉にツバを付けてましたが、今回正式な発表となったようです。
しかし前回やらかしちゃったエメリッヒ版からもう12年も経ったんですね。
アレがあったので大した期待はしないけど、
2時間超のダラダラした映画にだけはなって欲しくないなあ。

と言いつつ、前のハリウッド版ゴジラのデザインはわりと好きだったりします。
当時プレイボーイ誌(米)の飛ばし記事にすっぱ抜かれた
モックアップ(模型)の写真を見た時には「こう来たか!」と仰天したものです。
デザイナーのパトリック・タトポロス(ID4とかAVPとか)の手によるディテールも生物的でカッコよく、
本気でビジュアル本(これ)を購入しようか迷ったほどでした。
ゴジラとして見なければ、アメリカ映画らしくリアリティにこだわった、新しい
怪獣デザインだったのではないでしょうか。
まあ、あの大とかげに怪獣王の貫禄があるかと聞かれれば首を捻るしかないけど・・・
おまけに戦闘機のミサイルにとどめを刺されるという体たらく・・・

おっとと、思わず前作叩きになってしまいそうなので(笑)話を戻すと、
映画会社の元記事によれば今作のゴジラデザインは日本寄りのものになるとのこと。
個人的には、アメリカ映画なのにわざわざ日本版に似せなくてもいいじゃん、
と思うものの、とりあえずファーストショットが楽しみです。
あと、欲を言えば怪獣映画の醍醐味のひとつ“移動する災害”としてのシチュを
ちゃんと描いて欲しいと思うのだけどこれは難しいかな。


ゴジラとは無関係ですが、ハリウッド化つながりで
黒澤明の「天国と地獄」がリメイクされるというのも知りました。
実はこっちの方が危機感もってたりします。
黒澤映画はあんまり好きくないけどそれはやめてー!
前半1時間の固定カメラの緊迫感とかぜったい再現不可能だから!

雑記 | 2010/04/15(木) 23:43 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< コステロ・タグリアピエトラという名前は絶対におぼえられないという確信があります      日々雑感 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/421-c63bcaa2
| 最初のページ |