FC2ブログ

今日も今日とてB級映画
《大浜サキ》
ネタもないので期待する映画の予告編を2本ほどペタリ。
なんだか最近、見た映画の感想も書かずに予告編ばかり貼ってるような気がする。


アニメ映画「REDLINE」予告編

映像はかなり前から立ち上がってたけど、ようやく10月9日に公開だそうな。

スタッフは「アニマトリックス/ワールドレコード」の小池健監督、「鮫肌男と桃尻女」の石井克人脚本、
声の出演は木村拓哉・蒼井優・浅野忠信をはじめタレントの方々。
いささか「ターゲットは誰やねん」とつっこみたくなる企画ですが、
アメコミライクな影のダサかっこいい画と動きがたまりません。
世界観もゲームのF-ZEROを思い出しますね。
複数監督による「アニマトリックス」の中でもマトリックスの設定を逆手に取って
ひときわ個性的なアニメーションを提示した小池監督だけに、濃ゆい密度が期待できます。
そしてテーマは今回も「 走 る 」。
見てるこっちの乳酸が溜まってしまいそうな、皮膚感覚を凝縮した映画になりそう。
それにしても、マッドハウス(制作スタジオ)はアニメ界のSEGAだなぁ・・・


さておき、“ライン”つながりでこっちも。

SF映画「スカイライン」予告編

アメリカでは11月12日公開。監督はAVP2のストラウス兄弟だとか。

映像は、悲鳴を上げて吸い込まれる人の群れ、群れ、群れ。
これのインパクトにつきますね。
キャトルミューティレーションの超すごい版でしょうか。
(ID4に酷似した画があるのはわざとなんでしょうか、これ。カメラアングルも建物も同じとか・・・)
とりあえずスケール大きくしとけ、といった潔い感じがB級でときめきます(笑)
ただキャストは聞いたこともない面々で、これまたう~んB級♪という感じ。
なので、日本で公開されるかどうかが不安なところ。
わりと期待作だと思われたSFホラー「パンドラム」も日本スルーされたしなぁ

最近TVのゴールデンにやる映画の数が露骨に減ってたり、
「スクリーン」誌が休刊になったり(これは中高生のお小遣いが
映画以外に流れているということ・・・)と、わりと本格的に
映画産業衰退の足音が聞こえる昨今、あちらの映画を引っ張ってくる
力も衰えてきてるのかな、と思ってしまいます。
アメリカ映画わっしょいな自分としては先行き不安だ。

雑記 | 2010/08/31(火) 23:49 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< デスラー艦32人殺し      日々雑感 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/476-f738faf8
| 最初のページ |