FC2ブログ

10月開始アニメ 雑感
《大浜サキ》
秋のTVアニメも出揃ったようなので、第一印象をば。

・バクマン。
美術でがっかりしたのは前に書いた通りだけど作風がフレッシュで気持ちがいい。
死んだ漫画家の叔父を教訓にしたり、主人公が何気にしたたかなのもいい感じです。
しかし保護者や周囲の理解に恵まれすぎ。
なぜ誰も実力を見て判断しようとしないんだ・・・

・STAR DRIVER 輝きのタクト
設定がネタまみれのわりには真面目な雰囲気。
前番組のBASARAで免疫がついたせいか、もっとバカな方向へ
はっちゃけて欲しいという欲求が・・・w
人間の何十倍もの質量があるのを見せつけるようなカメラ・演出は
心地よいです。こんなの見たのはターンAガンダム以来かも。
他にもスケートリンクを滑ってるような戦闘が新鮮だったり、色々工夫が効いてます。
毎回コンスタントにバトルがあるのも好感触。

・薄桜鬼 碧血録
第一話は一期の総集編だったので割愛。

・パンティ&ストッキングwithガーターベルト
バカでエロなのはわかってたけどこんなにストレートにお下品とは・・・w
スタッフのメーター振り切ってるよー
放送倫理審査に引っかかったとかいう樋口コンテの3話も楽しみですw
個人的にはパンティもストッキングも毒があって可愛い。

・百花繚乱 サムライガールズ
売りの墨汁アニメは期待通りという感じですが、まさか墨汁がエフェクトに止まらず
ダメージ表現や足場代わりに使われたりするとは思いもしませんでした。
ロングの画が多かったり背景がセット風なのも舞台劇のようで好きです。
話は今のところよくある歴史改変萌えアニメという感じ。

咎狗の血
設定が細かく、カーペンターのニューヨーク1997を
彷彿とさせるストーリーは面白そうなのですが、いきなり作画がピーンチ。
美形揃いの作品でこれは苦しい。
色数を極力シンプルに演出してるのは紺野監督らしいと思いました。

おとめ妖怪 ざくろ
監督も脚本も共に何度もやらかしてしまった人なので様子見でしたが
雅な美術が素晴らしく好み。大正浪漫風なのには弱いです。
ミュージカル風の戦闘も「来た!」と膝を打ってしまいました。
たった一話で男女共にキャラがピンと立ってるのも凄い。
絵に描いたようなツンデレ主人公もいいですね。サクラ大戦みたいだけど。
今期のダークホースでした。

それでも町は廻っている
ツッコミなのかボケなのかわからないメガネの子が面白いw
担任の先生も生真面目なのにズレてて何か可愛いです。期待以上でした。
シャフトおなじみの肌の上を這っていくようなカメラワークが
喫茶店内での箱庭的なコント劇とマッチしていていい感じ。
そして、あの新房監督がまともに教室を描いている!w
王様のレストランを彷彿とさせるOPが楽しくて最高です。

雑記 | 2010/10/16(土) 23:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< トム・フォードの映画『シングルマン』を観てきました      日々雑感 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/494-a844226b
| 最初のページ |