FC2ブログ

復ッ活ッ! 『CROSS†CHANNEL』復活ッッ!
《森 光年》
友チョコ、自分チョコとすっかり男子は置き去りにされ、女子たちだけの狂乱の祭典(サバト)と化した感のある
バレンタインデーですが、われわれ男衆も手をこまねいて見てはおれません。なにしろこの時期限定の美味しいチョコレートが多数発売されるのですから、ここはひとつ男の独りチョコを楽しんでしまいましょう。大丈夫! 恥ずかしくなんかない!

大阪在住の男性に断然お勧めのお店が大阪市営地下鉄 谷町四丁目駅近傍の『ショコラティエ なかたに』です。
チョコレートケーキが美味しいと評判の大阪は上本町の人気洋菓子店『なかたに亭』が、ならばということで立ち上げたチョコレートの専門店なのですが、とにかくびっくりするほど美味しくてチョコの種類も豊富。しかもボンボンチョコがひとつ210円と比較的リーズナブル(店によっては300円ぐらいしたりもしますから…)。
個人的には、大阪でも一二を争うチョコの名店だと思います。

お店の雰囲気はとてもおしゃれなのですが、なにしろ(大阪の在住の方ならおわかりかと思いますが)おなじ谷町でも谷六、谷九という略称で親しまれる六丁目でも九丁目でもなく、四丁目というマニアックな立地のしかも裏路地に位置しているため客足はまばら(とはいえ、この時期はさすがに少々混んでいますが)。
まるで普通のマンションのような入り口から階段をのぼったりおりたりして入っていく店内は隠れ家的で、われわれ男子でも落ち着ける感じだと思います(ただ、反面どこにお店があるのかすごくわかりにくいので、ネット上のレビュー等をよく読んでから出かけたほうが賢明です)。
野郎ひとりで入店して少量の買い物をしても、お店の方がにこやかに対応してくれるのもありがたいです。

そんな『ショコラティエ なかたに』の今年のバレンタインの限定品は大人の男がコンセプトだそうで、オールドラムやシングルモルトウイスキーのマッカランなどが入った本格的なボンボンチョコがラインナップされています。あとからじわっと酒の香りが立ち昇ってくる上品な味わいで、甘いものがちょっと苦手という男性諸氏でも楽しめること請け合い。私はとくにウイスキーのチョコが気に入りました。



そんなわけで森光年なんですけども、恥ずかしながら風見鳥が前回書いたブログ記事を見るまで私も知らなかったのですが、2003年に発売された成年ゲーム界の隠れた超名作『CROSS†CHANNEL(クロス・チャンネル)』がXbox 360に移植されようとは!
2004年にPS2には移植されていますが、今回は分量が1.5倍ということでファンにとっては嬉しいかぎり。

思えばこの作品、まったく無名の新規ブランドがリリースしたありがちな学園ラブコメディ(広告等でもそういう体裁をよそおっていたのです)ということで発売当初は誰もがノーマークだったものでした。
しかし、いざ蓋を開けてみるとコミカルな学園ものという事前の宣伝は真っ赤ないつわり、じつは相当にハードな内容と緻密なシナリオ構成を持つ大作であることが判明。その評判はネットを介してまたたく間に広がって同作品は店頭で品薄になるほどのメガヒットとなったという経緯がありました。

その後、『CROSS†CHANNEL』のシナリオにクレジットされている田中ロミオというのが業界を代表するライターのひとりである山田一氏の変名であることが判明するわけですが、いかな大御所とはいえなんとも大胆な試みをしたものです。もしもネットの草の根で話題が広まらなければ、誰にも注目されないまま埋もれてしまっていた可能性だってなかったと言いきれないわけですから(実際、同時期にぽよよんろっくことアニメーターの渡辺明夫氏が変名で原画を手がけた鬱ゲーが無名の新規ブランドから発売されたのですが、こちらは見事に埋もれました)。


ともあれ、『CROSS†CHANNEL』が発売された2003年前後はひそかに成年ゲームの黄金期で、数々の名作が発売されたわけですが、この際だからライアーソフトの隠れた大傑作『Forest』も、ぜひぜひ復活を!

Forest


ナルニア物語の映画版もついにファン待望の『朝びらき丸 東の海へ』まで進んだことですし( 『アスラン王と魔法の島』などというダサい邦題は認めない!)、タイミング的には最高だと思うんですがねえ。ついでにノイタミナ枠でアニメ化したりしたらいいと思います。
と、いうようなことを以前にも何度か書いたような気がしますが、それほどまでにこの名作がうずもれてしまうことが惜しくてならないのです。もう、ほんと私の一番好きなゲームです。ずっと前に知人に貸したまま戻ってきていないソフトが今でも手元にあったなら(返してください、知人!)だれかれかまわず貸しまくりたいところ。

現在ではライアーソフトのHP(18禁注意)から2800円という安値でDL購入できるようなので、子供のころ幻想文学にわくわくしたりぞわぞわしたりした経験のある方は、是非。
18禁とはいえ全然エロティックな内容ではないですし、ライアーソフトのゲームなのにバグがない! ということでファンの度肝を抜いた作品ですので安心してプレイできます。
 

雑記 | 2011/02/05(土) 20:52 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      今期のノイタミナ >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/542-e4cdc30f
| 最初のページ |