FC2ブログ

ピーター・フォーク死去
《森 光年》
刑事コロンボでおなじみの俳優、ピーター・フォークが亡くなったそうで。

「刑事コロンボ」ピーター・フォーク死去(TV Groove)

子供のころからコロンボの大ファンで、今でもその物真似(正確にはコロンボを吹き替える石田太郎さんの物真似)を特技としている私ですのでショックは大きいです。
近年(といっても10年も前ですが)撮られたコロンボを観たときにずいぶん老けこんだなあという印象を受けたものですが、あの時点ですでに70代だったんですねえ。
ほんとうに惜しい人を亡くしました。


そんなわけで森光年なんですが、それにしても上に貼りつけたリンク先の記事、

>よれよれのトレンチコートを身にまとった、とぼけた表情のコロンボが、犯人をじわじわと追い詰めるストーリー展開が人気を集め

って、レインコートだよ!
検索してみると同様の勘違いをしている人がけっこういるようで。レインコート=ビニールでできた雨合羽というイメージがあるため日本では馴染みが薄いからなんでしょうか。

実際にはレインコートというと耐水製の布を使ったコート全般を指しますが、とくにマッキントッシュ(パソコンの方ではなく、1823年にスコットランドの化学者マッキントッシュさんがゴム引きの耐水布を発明したことに端を発するイギリスの会社です)のが有名ですね。あれは平気で10万円ちかい値段のする代物ですが、ポールスミスなんかがよく別注品を作ってもらったりしてます。

蛇足ながら、トレンチコートというとボギーが着てたりするこういうのですね。
トレンチコートはトレンチ(塹壕)という名前のとおりもともと軍用の防水コートとしてデザインされたものですので、その名残で肩には水筒やホルスターなどの装備品を固定するためのストラップが付いています。
また、右胸に雨だれの侵入を防いだり銃のストックを肩に当てて射撃する際の補助の役割を果たしたりするストームフラップと呼ばれる当て布がされているのも特徴のひとつですね。トレンチコートがファッションとして世に広まってからは当然ただの装飾品になっていて、リンク先の写真でボギーが着ているもののように両胸に当て布がついているのも珍しくありません。

トレンチコートも元はといえば防水コートなのでレインコートの一種ではありますが、それにしたってコロンボのは日本ではステンカラーコートと呼ばれている形のやつでぜんぜんトレンチコートではありません。腰のベルトもないですし。
コロンボのレインコートは雨の少ないロサンゼルスでわざわざそんなのを身につけている彼の変人ぶりを強調するためのガジェットとして考えられたものなので、ファンとしてはそこのところを間違えてほしくないですね。


それにしても、ユニクロ+Jの終了など取り上げたいニュースはいくつかあったのですがピーター・フォークの訃報の衝撃の前には全て吹き飛んでしまいましたね……
とりあえず、プロデューサー自らライバルを育成するなんて、おまえはオズマに大リーグボールの攻略法をレクチャーした星一徹か! と秋元さんにはつっこんでおきたいと思います。
 


 

雑記 | 2011/06/29(水) 20:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      ラストエグザイル 続編 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/601-1138546f
| 最初のページ |