fc2ブログ

日々雑感
《風見鳥 渡》
だいぶ気温が高くなってきましたね、どうも風見鳥です。日差しの出ていないくもりの日などはいいのですが、自転車通勤をしているぼくは晴れていると汗が吹き出てくるようになりました。もうすぐ夏ですねぇ。

さておき、購入した『Rewrite』の感想でも。とはいえまだ途中なのですが。
巷の批評をみるに、総体として「key作品らしくない」という意見が多いように思えます。人死にすぎ、とかENDがすっきりしないとか。
まあぼくもうっかりいつもの作品の延長線上のものを出してくると思っていたのですが、『CROSS†CHANNEL』や『人類は衰退しました』の田中ロミオ氏に『ひぐらしのなく頃に』で全滅エンド等を描いた竜騎士07氏がシナリオを書けばああなるよなぁと、両氏の作品に触れたことのある人ならよくわかると思います。
もちろん、keyが手綱をとって、凄惨な話に持っていかないようにすることも出来た事でしょう。
ですが、keyブランドが立ち上がる前の『Tactics』時代からファンをやっているぼくから見ると、実のところこういった話を打ち出してくる余地がkeyにはあるのです。
というのも、そのTactics時代に『MOON.』という、宗教施設を舞台にした血みどろのサイキックホラーを製作していたからです。
ただ当時、スタッフ渾身の一作だったこのゲームは振るわず、うろ覚えですが、スタッフが肩を落としていたという記事を見たことがあります。
その後、ゲームの反省を活かし、現在の人気につながるゲーム「ONE ~輝く季節へ~」を大ヒットさせるわけですが、まあそれは別のお話。(余談ですが、MOON.は実際のところONEのヒットとあいまって細く長く売れ続けることになりました)

そんなわけで、『MOON.』の失敗はkeyにとって一種のトラウマになっていると言ってよく、以後そういったゲームは作らなかったわけですが、今回の『Rewrite』は、その『MOON.』がまるで、スタッフとシナリオを一新して蘇ってきたようなゲームでして、これは賛否が分かれそうだなあと、遊んでいて思いました。まあぼくは好きですが。

ただ今ぼくは、小鳥、静流、ルチアの順にクリアして、現在ちはやルートを攻略中です。
こういった攻略するキャラを選ぶゲームは、クリアする順番に悩んだりしますが、おおむねぼくが遊んだ順でいいかなと思いました。
今の所、シナリオ的に面白かったのはルチアですね~。この読んでいる人間をミスリードに誘う手法は竜騎士07氏以外に想像できませんw まあ若干無理やりな点があるとは感じますが、ぼくは許容範囲でした。
全体的には、どのシナリオも高い点数(鍵っ子補正アリ)をつけられますが、今までと違ってそれぞれのキャラクターを丁寧に描いている印象があります。従来でしたらそのキャラの奇異な行動はそういう性格ということで済まされてきましたが、大抵の行動にちゃんとした背景が存在していて、ただの茶番で済ませていないというのは面白いです。まあこれは執筆している人間の実力が素直に出ている所なのでしょうね。

ゲームはまだまだ先があるようですし、すべてクリアしたら、また感想を書きたいと思います。

雑記 | 2011/07/01(金) 23:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 7月アニメを青田買い       ピーター・フォーク死去 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/602-c598c60b
| 最初のページ |