FC2ブログ

映画村では『三匹が斬る!』の撮影現場とか見たことあります。歳がばれますが
《森 光年》
第二次大戦時に空襲をまぬがれたため大阪市内にしてはめずらしく古い町なみの残る私の地元には大小さまざまな寺社仏閣が点在しておりまして。
その中のひとつのある小さなお寺さんは門前の掲示板に月代わりぐらいで心温まる仏教の教えや古今の名言などを筆書きして貼りだすというのを、もうかれこれ20年来続けておられます。

で、先日そのお寺の前を通った際、掲示板に目をやるといつものところには「一人を殺せば犯罪者となり百万人を殺せば英雄となる 数が殺人を聖化する」という皆さまご存知チャップリンの名言(@殺人狂時代)が……和尚に何があったのか!?
時期が時期だけに広島・長崎への原爆投下を意識してのチョイスなんでしょうけれど、なんというシニカルさ。釈尊以来、仏教の根底に今も流れ続けるニヒリズムとアナーキズムの熱い脈動を感じたような気がいたします。


そんなわけで森光年なんですが、夏コミも目前だというのにつれづれなる感じで書きつづってみたいと思います。

京都の太秦映画村がワンピースのコンテンツなどを展示するアニメミュージアムやからくり忍者屋敷などを新設してリニューアルオープンするそうで。
なんか、聞くだけで失敗の匂いがぷんぷんのですが……子供のころ、時代劇好きの叔母に連れられて遊びに行った場所だけに私の懸念など杞憂に終わってリニューアル大成功となってくれることを祈ります。

しかしそうなると心配なのは、映画村になぜか昔から展示してあるウイングマンのアオイさんのセル画がアニメミュージアムに展示してもらえるのか、それともあえなく撤去されてしまうのかということですね……
あと、入り口上空に張られたロープを渡っていた機械仕掛けのあの忍者! あの子はちゃんとからくり忍者屋敷に移設してもらえるんでしょうか?
あと、定期的に池から出てくる怪獣みたいなあれはリニューアル後も無事残留できるのか等々、気がかりはつきません。
というか、こんなピンポイントすぎる映画村あるあるについてきてくれる人が誰かいるのか、というのが一番の気がかりですが……


あ、そういえば前回書き忘れましたが、大阪は梅田の阪急百貨店にて大阪を代表するフランス菓子の名店『ケ・モンテベロ』『ラヴィ・ルリエ』がタッグを組んだ催事がおこなわれます。
っていうか、おこなわれていました。本日が最終日でした。すみません。あとの祭りとはこのことです。
私はといえばちゃっかり大阪の竜虎ともいえる名店のケーキを味わってきました。ケ・モンテベロのタルトタタン・トロピック(本来はりんごのパイであるタルトタタンにマンゴーとパイナップルを使用した夏らしい一品)が意識が遠のくほど美味しかったです。

それと、ご近所の超個性的なパン屋さん『アップルの発音』が二周年を迎えられたそうで、おめでとうございます。記念品としてとってもメルヘンな絵葉書をいただきました。
南船場や中崎町あたりのおしゃれ街にあってもおかしくない店構え(しかもご店主は草食系ハンサム)でありながら付近住民の方にとても愛されているパン屋さんなので、ご近所のお父さんやなんかが日曜の朝に散歩がてら何気なく家族のパンを買いに来てあのメルヘンな絵葉書をもらってしまい面食らいつつ照れ笑いする光景があったりもするのだろうなあ、と想像すると心あたたまりました。
 

雑記 | 2011/08/09(火) 21:21 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      ファフナーまた新作、あと破 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/617-ab1a90a2
| 最初のページ |