FC2ブログ

電気街・日本橋に突如開業したまっとうなバー『UMEYA』
《森 光年》
前回、天王寺公園のオクトーバーフェストに行こうか新町のバルフェスタに行こうか迷っていると書きましたが、おなじ時期にこういうイベントも開催されることを知りました。

『ダイナースクラブ フランス レストランウィーク 2012』

期間中、全国500店舗以上のフレンチレストランで2012円のランチと5000円のディナーが供されるというものなんですが、参加しているレストランの中にはミシュランで星をとっているような店も混じっているので、これはかなりお得な催しだと思います。

ちなみに大阪の星獲得店では、梅田のブリーゼブリーゼの中にある『ル・コントワール・ド・ブノワ』、北新地の『キュイジーヌ フランセーズ きよた』、淀屋橋の『ル・ポント・ド・シエル』、土佐堀の『トゥールモンド』が参加しています。

しかしまあ、こうしたメジャーな高級店はどこもすでに予約で満席でしょうねえ。今月の10日に予約が始まっていたようなんですが、もう少し早くこのイベントの存在に気づいていればと惜しまれてなりません。
ともあれ、ほかにも前から興味のあった店が何店か参加しているので、席が取れるようなら行ってこようと思います。


そんなわけで森光年なんですが、意外といえばあまりに意外な場所にオーセンティックなバーがオープンしているのに出くわしました。

日本橋4丁目にダイニングバー「BAR UMEYA」がオープン (日本橋ショップヘッドライン)

なんと、日本橋の電気街のど真ん中、堺筋側から見ればK-BOOKSやアニメイトの裏手、オタロード側から見ればGストアやコトブキヤの裏手、周辺にはメイドさん系の店がひしめきあっている濃密すぎる立地です。
 
この裏路地はよく自転車で通るので、新しい店が開業準備をしている気配は少し前から察していました。改装中の窓から見えた長いカウンターとバカルディ(ラムの銘柄)のコウモリのマークから、バーだろうなとも思っていました。
しかしなにぶん場所が場所。メイドさんがお酒を作ってくれるようなお店なのだろうと、タカをくくっていた自分が今となっては恥ずかしい。

で、先日、前を通りかかったらお店はオープンしている様子。どうやらメイドさんもいない様子。しかも軒先の看板にはオーセンティックの文字。
好奇心に駆られて覗いていると、柔和な笑顔のバーテンダーさんと目があって扉まで開けていただき、もう逃げられない状態に。

この時点ではまだちゃんとしたお酒が飲めるお店なのかと半信半疑でしたが、意を決してカウンターに座り(店内はこざっぱりとカジュアルな印象)ギムレットを注文。
出てきたカクテルに口をつけると、これがまあなんとも鮮烈このうえない! こんなところに本物のバーができるはずがない、と先入観感を抱いていた自分が恥ずかしくなる正真正銘のギムレット!

ちなみにジンはボンベイサファイア、ライムはコーディアルと果汁。あとで聞いたらシロップも入っているとのことでした。どのカクテルも少なからずそうですが、ギムレットというやつは本当にバーテンダーさんごとにレシピもちがえば味わいもちがって面白い。

美味しいギムレットに感激した旨を述べ、気さくなバーテンダーさんといろいろとお話させていただきましたが、やはり場所柄、メイドさんはいないんですかと聞かれるみたいですね。無理もない。
バーテンダーさんの腕もよく、お酒も本気の品揃えで(今の倍に増やしたいと意気込みを語っておられました)、しかも380円(ポテトサラダ付き)とはいえちゃんとチャージ料もとる、そんな本気のバーを電気街ではじめるというのはよほどの勇気と覚悟がいったことでしょう。

たしかに近所には、裏路地で連夜にぎわっているバー『バッフィ・バルバ』さんがありますが、あちらは駅前、こちらは電気街のど真ん中。圧倒的な不利は否めません。
かつて日本橋の住人だった(住んでいたというわけではなく、余暇の多くの時間をこの街で費やしたという意味で)人間として、これは応援せざるを得ないでしょう。

ちなみにカクテルは安いもので580円、ブランデーベースなどの高いものでも1200円、私が飲んだギムレットのような平均なものは800円程度でした。
まっとうなバーにはえてしてお品書きがなくいつも緊張してしまうのですが、こちらのお店にはちゃんとメニュー表があるので安心です。
もちろんメニューにないお酒も作ってくれるとのこと。ただ、開業直後なのでミントがなかったりオールドトム・ジンがなかったりするそうですが。それもそのうちに充実してくでしょう。

余談ながら、カウンターの奥からときおり心配層に顔を覗かせておられたエプロン姿の年配の女性はバーテンダーさんのお母さまだったのでしょうか。
バーのカウンターではなかなか見られない光景に、驚くとともに心が温まりました。そしてつきだしのポテトサラダはおふくろの味でした。わが実母のポテサラはもっとマヨネーズでべとべとでしたが……
 

雑記 | 2012/09/22(土) 00:05 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< 日々雑感      ラリ・プナ「Faking the Books」 >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/775-63cf16da
| 最初のページ |