FC2ブログ

ガタスキーや天王寺やアルマーニ
《森 光年》
唐突ですみませんが、ガタスキーってあるじゃないですか。有明海で干潟を移動するさいに使うあれ。
先日、そのガタスキーで漁をする名人がテレビで紹介されていまして、その映像を観ているうちに思いつきました。ジェームス・ボンドと悪の手先が、ガタスキーで干潟をチェイスするシーンを007の映画で出してみてはどうか、と。
だってほら、なんでも香川県と北海道が007のロケの誘致に力を入れているそうじゃないですか。『赤い刺青の男』というジェームス・ボンドものの小説の舞台が日本だということで。
まあ、『赤い刺青の男』が映画化される予定とかは全然ないわけですが。それでも署名を集めてぜひ実現させようとしているようで。香川県では記念館まで作ってしまったそうですからね。『赤い刺青の男』記念館。

そんなわけで、北海道と香川のついでにボンドには有明海まで足を伸ばしてもらってですな、ガタスキー・チェイスを是非やっていただきたい。なあに、四国と九州の位置関係なんて外国の人には分かりませんから。
なんならボンドは、Qが用意した高性能ガタスキーを使ってもよい。ターボやミサイルがついているような。
しかし、『赤い刺青の男』にはあのタイガー田中も出てくるそうなんですが、もし万が一映画化が実現してしまったら配役はどうするんでしょう? やはり丹波哲郎さんを霊界から呼び戻すんでしょうか?


それはともかく森光年なんですが、今回はローカルなお話を。
私の住んでいる大阪市の辺境地区から最寄りの都市部というと、キタでもミナミでもなく天王寺というターミナル駅の周辺になるわけですが。そこに近鉄百貨店の本店がありまして。

ちなみに、天王寺駅前はジャンプで連載していた漫画『ろくでなしBLUES』で前田太尊の弟が六甲おろしを唄いながら歩いていたロケーションといえば分かりやすいかと思います。
いや、すいません……分かりにくかったですね。
分かりにくいついでに説明しますと、われわれ地元民が俗に『天王寺』と呼んで親しんでいる天王寺駅周辺の繁華な界隈はじつは大阪市天王寺区ではなく、大阪市阿倍野区に属していたりします。天王寺区と阿倍野区の境界が天王寺駅のすぐ南を通っているがゆえにこのようなおかしな現象が起きているわけですね。
そして、阿倍野といえばアベノ橋魔法商店街。あれに出てきた商店街は天王寺駅のすぐ裏手(北側)に位置しています。
近鉄百貨店はその反対側(南側)にありますので、正確には近鉄百貨店阿倍野本店となるわけですね。長い前置きですいません。

さて、その天王寺の近鉄百貨店がどうやら建て替え工事をやるそうで。
なんでも、こんな未来チックな複合ビルになる予定だそうです。
たしかに、大阪では大手百貨店の建て替え・新規出店ラッシュで、こんな懸念も持たれているとか。

大阪2011年問題(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)
 
いやはやまさか、キタやミナミと比べればローカルな天王寺界隈に、こんなサイバーパンクな代物が出現しようとは。
高さ300メートルで横浜ランドマークタワーを抜いて日本一だそうで、なんかやっぱり天王寺には不似合いな気がするなあ。
たしかに、近年の再開発であの界隈も私が子供のころとは随分変化しましたが……私のイメージの中ではあの頃の、自転車で足しげくアニメイト阿倍野店に通っていた小学生の頃のまま、天王寺の時間は止まっているのかもしれません。
あそこで買ったボーグマンのラミネートカード、どこ行ったかなあ。菊池通隆の水着のアニスのイラストやつ。

さておき阿倍野本店では現在、建て替え前の大セールをやっているそうで、メンズフロアに行ってみてびっくり。アルマーニがワゴンセールをやっておりました! 他の有名ブランドは目立ったセールをしている様子はなかったのですが、アルマーニは堂々と店頭にワゴンを置いてズボンの安売りをしていました。
これも大人の余裕というやつでしょうか。さすがはマイアミ・バイスでドン・ジョンソンが着ていたアルマーニ。ランニングシャツにスーツというあのドン・ジョンソンのスタイルは当時大流行したらしく、シティ・ハンターも真似してましたね。どうでもいいですが、なぜドン・ジョンソンはあんなにハンサムなのに声が甲高いのでしょうか? まるでベッカムです。要吹き替え。

まあそんなわけで、アルマーニのワゴンを覗いてみたわけですが、そこで二度びっくり。なんとジーンズがありました。
アルマーニがジーンズを作っていたなんて、と意外に思ってお値段を確かめてみると、なんと2万9千円のところが2万円と大変お求めやすい価格に……って、お求めやすくねえ!
いや、まあジーンズとはいえアルマーニが2万ということであれば安いと思う人には安いのかもしれませんが………それにしても、セール価格で2万円とは………やはり、ドン・ジョンソンへの道は険しいということでしょうか。

毎度のことながら、散漫な雑記ですいません。次回は久しぶりに音楽の話をする予定。
 

雑記 | 2007/11/23(金) 21:28 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< カオスフレア      こたつでみかん >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/82-9b5db9a2
| 最初のページ |