FC2ブログ

SM-3
《風見鳥 渡》

前回に引き続き兵器ネタです。すんません。ニュースにもなってい
ますが日本にとって最重要となるであろう防御兵器「SM-3」の試験
が無事成功を収めましたのでスルー出来ませんでした・・・。
このミサイルは、宇宙空間で弾道ミサイルを打ち落とすことが可能
となる世界初の迎撃ミサイルです。そしてこれまた世界初、大気圏
内で迎撃するPAC-3と合わせてようやくMD構想の完成をみました。
今まで弾道ミサイルを防ぐ方法は、 相手国に攻め入って、発射台を
壊すか、外交努力で取っ払ってもらうか、やったらやり返すぜー! と
いう報復戦力を持つ、もしくは報復戦力を他の国から借りる、の四択
だったものが、MDが加わって五択となりました。アメリカにとっては
選択肢が広がった程度のものですが、しかし、日本にとっては大き
な意味があります。なぜなら、発射されようとする弾道ミサイルを、
今まで他人任せでしか対処できなかったものが(ちなみに日本には
物理的に他国へ攻撃する能力がありません)、自前で何とかする
能力を得たからです。
特に注目する点は、核兵器を搭載した弾道ミサイルに対する外交交渉
の場において、MDは有利に働く大きなカードになる所です。
誤解している人が多々いますが、核兵器、特に戦略核兵器の攻撃目標
は国そのものであり、国の機能を破壊することを目指す武器ではあり
ますが、本質的には外交カードとして使用し、相手国から有利な条件
を引き出すために使われるものです。
たとえばある国が、日本に向かって「隷属しなければ核を撃つ」と宣言
すればどうなるか? その言葉が現実味を帯び、国民が死にたくないと
いう思惑が働き、相手の要求を受け入れるよう世論が動けば、民主主
義的な手続きによって相手国のための傀儡政権を樹立することに繋が
り、現代版「植民地」が誕生することになりかねなかったりします。中国
やロシアなら(嫌だけど)まだしも北朝鮮の奴隷になるなんて考えただけ
でもゾっとする。や、あくまでもたとえ話でそんな単純ではないけれど。
そんなことになったら同盟国のアメリカはもちろん諸外国が黙ってはい
ないだろうし、そもそも北朝鮮に核弾頭はおろか実際に使える核兵器も
ないし。というか、うまく立ち回ってるよね北朝鮮。核を使って他の国の
譲歩を引き出してる。この様子では本気で核を手放すような事はしない
だろうなぁ。
話がちょっと反れましたが、日本がMDを持つことによって、核を搭載
した弾道ミサイルを突きつけられても、「撃ちたいなら撃て! すべて
打ち落とす!」と言えるようになったのが大きいのです。これは実際に
すべて打ち落とせるかどうかが問題ではなく、外交交渉の場で相手国
の要求を突っぱねられる力を自力で持ちえた事に意味があるわけです。
さて、ついでに「SM-3」の発射台となるイージス艦の話が出来るかな
と思ったけど無理っぽいので次回にでもまわすことにしますです。

雑記 | 2007/12/21(金) 21:51 | コメント(0) | トラックバック(0)
<< コミケ73について      キャロルと諸星大二郎と、あとファンクと >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dakyouclub.blog89.fc2.com/tb.php/92-ef786576
| 最初のページ |