FC2ブログ

N-qia『Shake』
《大浜サキ》
前回に引き続き、今回も日本のエヌキアから一曲。
2012年のコンピレーションアルバム『hope3​.​0』より、『Shake』の音源です。

N-qia - Shake

雑記 | 2018/07/24(火) 23:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
比喩表現として『殺人的な暑さ』というのがありますが、その言葉通りの暑さが続いていますね。
この間、大阪で雷警報が発令されたのですが、その雷が工場に落ち一時停電になってしまいました。
工作機械は復旧したものの、空調まわりの調子が悪くなり暑い中仕事をする羽目になっています。
疲労度がいつもの二割増しな感じです、とほほ。

話は変わりましてこんなもの購入しました。

ソニー
SRS-XB40

いわゆるBluetooth スピーカーというやつです。
二年ほど前に購入したスピーカーがあったのですが、バッテリーがヘタってきて買い替えの時期が来ました。
まあ、単純にヘタっただけならいいのですがこのスピーカーは電力が弱まると不快なノイズが発生するという欠点があります。
風呂場に持っていけて価格が安く手軽に扱えるのが魅力でもう一度購入することを考えましたが、どうせならお金を出していい物を買おうと考えた次第です。

SRS-XB40は実は現行品ではなく去年のモデルなのですが、エフェクトを使わない素の音は去年のものが優れているという話でしたので、ちょっと迷いましたが去年のモデルを購入しました。
あと中古で安かったというのもありますw

音楽をかけてみると、レビュー通りウーファーを効かせたような重低音が響きます。
この手の重低音が出るスピーカーを購入したのは初めてだったのですが、いいものですね。
アマゾンプライムの音楽サービスと合わせて使って生きたいと思います。

雑記 | 2018/07/20(金) 22:34 | コメント(0) | トラックバック(0)

英国バカ一代
《森 光年》
いやはや、とんでもない買い物をしてしまいました。

180715top001.jpg

英国老舗の帽子メーカー、クリスティーズのトップハット!
往時はシルクで作られていることが多かったためシルクハットとも呼ばれますね。

某ブランド古着チェーンのオンラインショップで見つけたのですが、値段の安さから海外生産の廉価ラインだろうと判断。
老舗とはいえ英国ブランドの常でクリスティーズも高級ライン以外は英国外での生産になっており、日本で見かけるのはほとんどがそれです。

そのブランド古着チェーン(R店としておきます)は全国どこの店舗や本社倉庫の在庫でも最寄の店舗に無料で取り寄せて試着できるありがたいサービスを行っているので、とりあえずものは試しと依頼してみました。

ところが実物を見てびっくり。正真正銘の英国生産の高級ラインだったのです!
クリスティーズの海外生産品が2万円程度であるのに対し、英国生産のトップハットなら5~15万程度。
これを逃したらこの値段(1万を切ってました)では二度と手に入らないと購入に踏み切りました。

トップハットは英国好きなら避けては通れない品物ではありますが…いったいどんなタイミングで被ればよいものか。
とりあえずハロウィンの扮装ぐらいしか思いつきません。


そんなわけで森光年なんですが、地震、豪雨と続いて連日の酷暑! 平成最後の夏はおそろしいことになっていますね。

暑いときに熱いお茶を飲むと汗が引くなどと申しますが、そんなわけでまたもや行ってまいりました大阪は谷町六丁目の『トリントンティールーム』

180708tor001.jpg

この時期はどうしても夏向きの軽やかなお茶に偏ってしまうので、この日はあえてしっかりめのものを。テイラーズ オブ ハロゲイトのヨークシャーゴールドです。

いかにも紅茶というずっしりした重さの中に、日本人好みの新茶っぽい爽やかさも感じられてとても美味です。
アジアの影響を受けて誕生した英国陶器の定番柄、ウィローの茶器も嬉しい。

180708tor002.jpg

「本日のティータイムセット」のデザートは桃とすもものイートンメス。
あきらかに洒落で選ばれたフルーツの組み合わせですが、これがベストマッチ!

イートンメスは生クリームにメレンゲを砕いて入れてフルーツとあわせた英国古典菓子。
シンプルなものですが、フルーツの種類によってがらりと雰囲気が変わるのが楽しいですね。

ちなみにグチャグチャにして食べるのがイートンメスの作法ですが、桃とすもものイートンメスはかき混ぜるとフルーチェっぽい味わいに!

写真は先々週ですが、先週末の段階ではまだメニューに桃とすもものイートンメスがあったようです。
山の天気とトリントンティールームのスイーツはうつろいやすいのが世の常ですが、気になる方は訪れてみてください。

雑記 | 2018/07/17(火) 22:20 | コメント(0) | トラックバック(0)

N-qia『seven nights circus』
《大浜サキ》
前回に引き続き、今回も日本のエヌキアから一曲。
2017年のアルバム『fantasica』より、『seven nights circus』の音源です。

N-qia - seven nights circus

雑記 | 2018/07/14(土) 23:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
予想以上の大雨被害で閉口しております。
これから気温も上昇し、また新たな台風も接近しているようですしまだまだ油断できない状態が続きそうですね。
被災された方はどうぞご自愛ください。


話はかわりましてフラッシュゲームを遊びましたので紹介します。

人類滅亡後のPinocchia(ピノキア)

https://dic.pixiv.net/a/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E6%BB%85%E4%BA%A1%E5%BE%8C%E3%81%AEPinocchia

退廃的な雰囲気が漂うSFRPGです。
人間である主人公は、施設にあるコールドスリープから目覚めるところから始まります。
施設は危険な自立型兵器が徘徊し、施設を脱するには危険な状態。
そこで主人公は護衛のアンドロイドを製造し、時に破棄して資源を回収しながら施設の探索を進めていくことになります。
人類滅亡の謎を追いながら・・・。

ゲームは、一本道のダンジョンを探索して資源を回収したり敵と戦って進みます。
資源が限られていることから、いかにして消費を抑えつつ先へ進むかが鍵となります。
ぼくはまだ序盤を遊んだだけですが、探索モード右下にあるクイックセーブと、ロードを使用すれば比較的楽に攻略出来ると思います。
もちろん、このゲームの真髄はクイックゲーム縛りで味わえると思うので、とりあえずゲームを一周したら縛りゲーをしたいと思いますw

雑記 | 2018/07/10(火) 22:10 | コメント(0) | トラックバック(0)

天満橋の『The Bottle Oven』二回目
《森 光年》
早くも梅雨明けかな、と気が緩んだところにこの記録的豪雨。
先月の地震の直後にこれではたまりませんね。

全国で多数の方が被害に遭い、今現在も降り続いている地域もあるとのことですが、皆さまご無事でおられますでしょうか。
とんでもない波乱の幕開けですが、とにもかくにも7月ですね。

180701jul001.jpg

写真は英国老舗の陶器メーカー、ロイヤルアルバートの12ヶ月の花シリーズの7月。描かれているのは忘れな草です。
12客そろっていたらさぞや壮麗でしょうが、残念ながらこれしか所持していません。

すでに廃盤になっており、それほど古くないものでも中古市場ではそれなりの価格で取引されている品物なのですが、近所のスーパーのブランド品・貴金属買取店で1080円(税込み)でした。

その手の店にバブルの頃の物とおぼしき英国の陶磁器などが流れ着くことがたまにあるんですよね。
素性の良い品物なのに、東洋の島国の浮かれ騒ぎに巻き込まれ不当な価格で叩き売られている哀れな器たち。
みなさまも見かけたら供養と思って手にとってあげてください。


そんなわけで森光年なんですが、前回の記事の宣言どおりさっそく大阪は天満橋のティールーム『The Bottle Oven』を再訪してまいりました。

180701bot001.jpg

お茶はセリンボン茶園のファーストフラッシュダージリン、お菓子はラズベリーのジャムをはさんだヴィクトリアスポンジ。
ゆっくりと長い時間をかけて抽出される茶葉と向き合いながら、ゆったりと過ごす贅沢な時間を堪能しました。

今回のカップ&ソーサーは英国の陶器メーカー、スポードがコープランドという社名だったころのアンティーク品。
野趣あふれるオーガニックのダージリンと好相性なデザインです。

オーナーさんがポットもケーキ皿も好きに選んでよいと仰ってくださったのでウハウハしながら迷いに迷って決めたのですが、あらためて見るとちぐはぐな印象ですね。
次回はもうちょっと冷静に選ぼうと思います。

ヴィクトリアスポンジはカステラ系の主張のある生地で大変に美味。
前回の記事で予想したとおり、やはり生地がしっかりおいしいこのお店はどのお菓子を選んでも間違いなさそうです。
スタンダードなものからマニアックなものまで、種類豊富なイギリス菓子が用意されているのでこれは毎回迷ってしまいそう。

180701bot002.jpg

前回とは逆のアングルからお店を撮影。やはり完全にロンドンです。
気候の穏やかな時期はテラス席も気持ち良さそうですね。

180701ten001.jpg

駅からお店までの道のりも、緑の少ない大阪とは思えないほど立派な街路樹や大きな公園に恵まれていてロンドン気分を高めてくれます。
ちょっと行くとすぐうら寂しいスラム街のような景色に変わるのもまたロンドンっぽさがあって、それも趣というものでしょう。

雑記 | 2018/07/08(日) 08:15 | コメント(0) | トラックバック(0)

N-qia『Fearless』
《大浜サキ》
前回に引き続き、今回も日本のエヌキアから一曲。
2012年のアルバム『Audio Illustrations』より、『Fearless』の音源です。

N-qia - Fearless

雑記 | 2018/07/05(木) 23:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

日々雑感
《風見鳥 渡》
どうも風見鳥です。
台風がきて、明日から雨ばかりな大阪です。
風も強そうなので、合羽が活躍しそうですね。

さておき、最近会社で新しいオークマ製のNC旋盤が入りました。

オークマ
LU4000 EX

材料をを固定するチャックが一つと刃物台が二つある、1スピンドル2タレット旋盤です。
特徴は単純に刃物が通常の1スピンドル1タレット旋盤よりたくさん工具がつくというほかに、
刃物台二つを同時に動かして切削時間を大きく短縮出来るのが特徴です。
この機械のデモ動作がこちら

今まで会社には無かったタイプの機械ですが、現在はこの手の旋盤が主流の一つとなっているそうですね。
そりゃもう一秒を短縮するのにしのぎを削る工業界で、こうした旋盤が出れば流行りますわ。
今期の機械設備はこれで終了のようです。
とはいえ、まだまだ古い機械がありますから、次に入ってくる機械が楽しみであります。

雑記 | 2018/07/04(水) 00:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

大阪天満橋のティールーム『The Bottle Oven』
《森 光年》
初夏の出端はなかなか気温が上がらず、今年の夏は涼しいのかなと思ったらさにあらず。
ここ大阪はこのところ猛烈な暑さと湿気に覆われております。

そんな中ですが、私の頭は先日購入したフランネルのスーツをどう着こなすかでいっぱいで、もう夏なんかいらん! 終われ! ぐらいの心境。
ファッションの幅も狭いし、いい服を着ても太陽光と汗で痛んでしまうし、ほんとうに嫌なシーズンです。


そんなわけで森光年なんですが、ある人に教えていただいて大阪は天満橋に新しいティールームができているのを知りました。
半年前ほど前にオープンした『The Bottle Oven』というお店です。

180624bot003.jpg

タワーマンションとおしゃれな店舗が立ち並び、街路樹の緑も豊かな地下鉄谷町線の天満橋駅周辺。
そこから10分ほど歩いた少しさびしいエリアに忽然と現れるロンドン風の店構え!

大きな窓から陽光がさしこむ居心地のよい店内には、いたるところに英国老舗の陶器メーカーの器が飾られていて雰囲気抜群です。

180624bot002.jpg

お茶はキームン、お菓子はスティッキー トフィー プディングをいただきました。

トフィーとはバターと砂糖を加熱して作ったキャラメル状のものでイギリス人の大好物。
そのトフィーのソースをテーブルに運ばれてきたプディングに目の前でかけて仕上げてくれる演出が食欲をかきたてます。
プディングの生地が濃厚なトフィーソースにも負けない存在感を持っていて、これだけの生地が作れる人ならその他のお菓子も絶対おいしいと確信しました。

その日は4~5種類のイギリス菓子が用意されており、カウンターに並んだそれらを自由に選べるという、おばんざい屋さんのようスタイルも楽しいです。
店内に並んだ英国老舗の食器の中から好きなものを選んでお茶できるのもすばらしい!

私はブルー&ホワイトと呼ばれるタイプの食器が有名なスポードのものを選択。
日本国内ではアンティークを除けば代表的モデルの「イタリアン」ぐらいしか目にする機会はないスポードですが、こちらには数種類用意されていて感涙ものでした。

前々から気になっていたスポードの「カミラ」でいただいたキームンは最高の味わい!
オリエンタルな器の文様が中国の紅茶とよく合います。
アンティークのスポードはなかなか手の出しづらい価格ではありますが、いつかかならずカミラを手に入れようという決意が高まりました!

写真の隅にも写っていますが、わざわざオーナーさんが秘蔵のスポード図録的な洋書を出してきてくださり、スポードまみれの至福のティータイムをすごすことができました。

こんなに素敵なお店を半年も知らずにいたとは不覚です。
というか、教えてもらわなければずっと気づかなかったかもしれないと思うと、人の縁って大事ですよね。
近々また再訪します!

雑記 | 2018/07/01(日) 00:23 | コメント(0) | トラックバック(0)

N-qia『shootingstar』
《大浜サキ》
先日の地震の際は断片的な書き込みをしてしまい、ご心配をおかけしました。

あれから辛うじて断水することもなく、止まっていたガスも思いのほか早く復旧したおかげで日常を満喫しております。
家の半分は足の踏み場もないほど滅茶苦茶になってしまったけど、こればっかりは仕方ない。手分けして片付けていくしかないですね。
ひとつあって大助かりだったのが、小型の電磁調理器! カセットコンロのガスもなかなか入手できない状況だったので、持ってなかったらしばらく保存食ばかり食べる生活だったかもしれません。

いずれ高確率で来ると言われている南海トラフ地震に向けて、準備だけはしっかりしていこうと思わせる出来事でありました。


さてさて、今回は日本の電子ポップユニット、N-qia(エヌキア)より一曲。
2013年のアルバム『Fringe Popcical』より、『shootingstar』の音源です。

N-qia - shootingstar


いつも通り好きな音楽をかけられるのも大変ありがたい事だなあと。

雑記 | 2018/06/29(金) 00:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | 最初のページ | 次ページ